フリーランスになって英語がなくても海外に住める?真相を話します!

フリーランスで海外に住みたい!と考えている皆さん。

海外に住むのであれば英語は必須…と思っていませんか?

今回はそんな疑問をもっている皆さんのために「英語ができなくてもフリーランスで海外に住めるのか」の真相をお話しします!

PRESS.MAIKO
PRESS.MAIKO

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f264903c6bb86180f3d1d2e8d5d39673-1024x341.jpg

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05094f7560c0a63f9c0545e6d5a0d6e9-1024x341.png

\「海外フリーランス」チャンネル運営中💡チャンネル登録よろしくネ/

フリーランスになって英語ができなくても海外に住める

フリーランスになって英語ができなくても海外に住めるのか?

答えはYes!

多くの人が心配する語学問題ですが、英語も現地の言葉もできなくても心配ありません。

なぜなら、リモートで仕事をすれば日本語だけでも仕事をすることが可能になるからです!

日常生活を考えると多少の語学は必要にはなりますが、仕事をする上での心配は全くありません。

>>海外で働くメリットとデメリットを押さえておこう

では、どんな仕事をすれば英語ができなくても海外で生活できるのか?

次はフリーランスの仕事について解説していきます。

英語ができなくてもできるフリーランスの仕事5選

英語は苦手だけどフリーランスになりたい!という人におすすめの仕事5つを紹介します。

おすすめの仕事は以下のとおりです。

  • WEBライター
  • SNS運用代行
  • 動画編集
  • WEBデザイナー
  • プログラマー

次に5つの仕事について紹介していきます。

WEBライター

WEBライターの仕事は、インターネットを通して日本人から仕事を受注することが可能です。

そのため、海外にいても英語を使用せず仕事をすることができます。

また、未経験でも始めやすいため、海外でフリーランスを目指す人にはおすすめの仕事です!

むしろ、海外生活をしている方が日本にいるより詳しい情報を得られることもあり、海外にいることで幅広い案件に対応することが可能になることも。

ブログを開設しておけば、日本にいる人には書くことができない素敵な現地の情報を伝えることもできますよね。

私も実はヨーロッパに来てすぐに始めた仕事がWEBライターです。

日本語で仕事ができるので海外にいながら仕事が獲得できるので英語苦手意識がある方はWEBライターが合っています◎

未経験からでもすぐに案件が見つかるのがWEBライターの長所でもあります。

今どんな案件あるのか除いてみましたが、未経験からでも1.5円案件があったりします。

こまめに案件チェックが仕事獲得への近道です。>>WEBライターの案件を見る

SNS運用代行

SNSの運用代行とは、依頼者のSNSアカウントを代行して運営する仕事です。

SNS運用の仕事は、クラウドソーシングサイトで探すことが可能なため、海外にいてもサイトを利用して仕事を受注することができます。

SNSの運営方法は依頼によって様々ですが、投稿を行うことはもちろん、コメントの返信やDM対応をすることもあります。

また、SNSの仕事のポイントは、パソコンがなくてもスマートフォンひとつあれば仕事ができるところです。

パソコンがない…という人でもスマートフォンひとつで仕事を始めることができます。

スマートフォンでできるため、移動時間などの空き時間でも簡単に作業が行えることもこの仕事の魅力ですね。

SNSの利用者は非常に多いですが、実はSNSについての知識が豊富という人は多くはないため、知識を身につけておけば様々な案件に対応することができるようになります。

動画編集

次におすすめする仕事は動画編集の仕事です。

昨今、動画の需要は非常に増えており、未経験でも仕事を得られるチャンスがたくさんあります。

そんな動画編集の仕事において、海外にいるということは最大のメリット!

WEBライターは海外にいなくても調べて記事を執筆することができますが、動画編集は海外に滞在せずして海外の動画は作れません。

日本では撮影できない、海外の様々な景色や日常風景の動画は非常に需要があります。

ただ、見てもらえる動画をつくるには様々な知識が必要になったりある程度のパソコンのスペックが必要だったりと、他の仕事に比べて準備が必要な仕事でもあります。

なお、他の仕事と同じようにクラウドソーシングサイトを利用して仕事の受注が可能のため、英語を使う必要はありません!

WEBデザイナー

WEBデザイナーの仕事はご存じのとおりWEBサイトのデザインを行う仕事で、クラウドソーシングサイトを利用して簡単に仕事を受注することができます。

WEBデザイナーの仕事もパソコン一つあればできる仕事のため、海外でフリーランスとして働きたい人にはおすすめの仕事です。

リモートで仕事ができるため日本から日本語の案件を獲得することができ、英語も必要ありません!

ただ、WEBデザイナーには「デザイン力」はもちろん「企画力」や「コーディング力」が必要となるなど、様々なスキルが重要です。

勉強して様々なスキルを身につければ幅広いジャンルの案件に対応することができ、活躍の場を広げることができるでしょう。

プログラマー

プログラマーを目指すには英語必須と聞いたことはありませんか?

実は英語ができなくてもプログラマーになれるんです!

まず、なぜプログラマーには英語必須と思われているのでしょうか。

それは、プログラミングの画面に表示されるアルファベットの羅列に見覚えのある英単語(コード)が含まれているからということがあります。

ただ、実際にはそんなに難しいコードはでてこないため、英語が必須ということはありません!

もちろん英語力があるに越したことはないですが、英語ができなければプログラマーになれないというのは嘘です。

また、海外にはフリーランスのプログラマーとして生活する人がたくさんいます!

プログラマーを目指すには専門のスキルをつける必要があります。

今ならオンラインのみで習えるスクールもたくさんあるので、海外にいながらスキルを磨くのも悪くないでしょう。

>>自宅にいながらプログラミングが学べるテックアカデミー

ここまで紹介した仕事は、パソコン1台あればどこでもできて英語も必要ないため、海外でフリーランス生活をしたい人には非常におすすめの職業です。

>>フリーランスで海外暮らしを可能にするロードマップ

とはいえ、英語ができた方が良いこともありますよね。

次の章では英語ができた方がメリットになる理由をお話しします!

フリーランスの仕事で英語力はどのくらい役立つ?

もちろん英語ができた方がプラスになることも多いです。

では、英語力はフリーランスの仕事でどのくらい役に立つのでしょうか?

例えば、先ほど紹介したWEBライターの仕事で海外に関する記事を執筆する場合、日本語だけで集めた情報より英語でも情報を集めることができれば、より情報量の多い記事を執筆することができますよね。

英語力があれば得られる情報の幅が広がり、更に多くの案件に対応することができるようになるため、フリーランスで仕事をする人には英語力があると非常に良いと思います。

つまり、英語は「フリーランスで仕事をする上で必要なもの」ではなく「あればプラスで役に立つスキル」であると言えます!

むしろフリーランスで働くためには語学力より他に必要なスキルも多いため、英語に不安がある人は、まずはフリーランスとして日本語で仕事をできるようになりましょう。

英語が活かせる仕事【おすすめ3選】

英語が活かせる仕事は以下のとおりです。

  • 翻訳
  • 海外向けネットショップの運営
  • 英会話講師

翻訳

実は、クラウドソーシングサイトの求人で多いのが「翻訳」の仕事です。

せっかく英語ができるのであれば、翻訳の仕事に挑戦しましょう!

ひとえに「翻訳」といってもジャンルは豊富なため、仕事の種類は様々です。

映画やドラマなどの字幕を作成する仕事もあれば、論文の翻訳などの仕事もあります。

英語力だけあれば翻訳ができるというわけではなく、翻訳の対象によっては専門知識が必要な場合もありますので注意が必要です。

海外向けネットショップの運営

海外向けに日本の商品を販売するネットショップの運営がおすすめです。

海外向けのネットショップということで、説明や案内を英語で記載する必要があるため英語力は必須!

せっかく英語ができるのであれば、英語を活かせる海外で人気の日本商品を販売する仕事に挑戦しましょう。

ただ、英語力だけでなく人気商品を見極めるセンスや海外版SEOの知識も必要なため、様々な知識を身につける必要がありそうです。

英会話講師

せっかく英語ができるのであれば、それを教える仕事ができますよね。

英語を話せるようになりたい人は多く、英会話講師の需要は高いです。

最近はオンラインの語学レッスンサイトも多く、カフェトークなどのオンラインの習い事サイトに講師として登録すれば、世界中のどこにいても講師として仕事をすることができます。

英語教師の資格を求められることは少なく、英語力さえあれば気軽に講師として仕事を始めることが可能です!

フリーランスで英語を活かせる仕事の探し方

次に英語を活かせる仕事の探し方を紹介します!

  • クラウドソーシングサイトで案件を探す
  • フリーランスのコミュニティに参加する

クラウドソーシングサイトで案件を探す

クラウドソーシングサイトに登録すれば、英語力を活かした仕事を探すことができます!

よく知られているランサーズ、クラウドワークス、クラウディアなどの日本向けクラウドソーシングサイト以外に、以下のような海外向けのクラウドソーシングサイトもあります。

  • Upwork
  • Freelancer.com

英語力を活かした仕事をしたい人には海外向けのクラウドソーシングサイトがおすすめです。

フリーランスのコミュニティに参加する

フリーランスで仕事をする人の多くは、情報交換のためにオンラインコミュニティなどに参加しているのではないでしょうか。

海外や英語に関連するコミュニティに参加することで、海外に関わる人脈を広げることができますし、英語を生かした仕事の依頼を受けることができる可能性もあります!

ネットで調べると海外や英語に関連したコミュニティが多くありますので、積極的に参加してみましょう。>>ランサーワールド(Lancer World)メンバーになるには

フリーランスになって世界に羽ばたこう!

英語ができなくても心配ありません!

みなさんもフリーランスになって憧れの海外生活を目指しませんか?

PRESS.MAIKO
PRESS.MAIKO

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪


\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f264903c6bb86180f3d1d2e8d5d39673-1024x341.jpg