【移住経験者が解説】日本人におすすめの海外移住先とは?移住ステップや職種を紹介!

海外への憧れから、海外への移住を将来的に考えている方もいるでしょう。 

しかし次のような疑問もありませんか? 

「日本の堅苦しい空気じゃなく、もっと自由な雰囲気の海外で生活したい!」 

「でも実際どの国がいいのか分からないし、移住方法も分からない。」 

「海外移住におすすめの国や大まかな移住ステップを教えてほしい!」 

移住する国を適当に決めて特に準備せずに移住をしてしまうと、「ビザ」・「お金」・「環境」の面で苦労することになります。 

この記事では、上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、「おすすめの海外移住先と移住ステップ」について紹介していきます。 

この記事を読むことで、「海外移住を成功に繋げるきっかけ」を得ることができます。 

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。>> 私について

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

日本人にオススメな海外移住先とは 

先に結論を言ってしまうと、日本人におすすめの海外移住先は以下の国です。 

  • カナダ 
  • タイ 
  • オーストラリア 
  • オランダ 
  • ドイツ 

もちろん他にもおすすめできる国はたくさんあります。 

しかし「ビザの取りやすさ」や「社会インフラの充実度」などの総合的な観点で判断すると上記の通りとなります。 

上記の国々は、永住権こそ取得しづらいものの、就労ビザに関しては比較的簡単に取得することができる国です。 

そのため、仕事さえ見つけることができればこれらの国で生活することは可能でしょう。 

また永住権に関しても、取得しづらいとは言ったものの、居住年数や配偶者の有無などの条件が揃えば取得できる可能性があります。 

海外に10年以上住んでみたいという人は、永住権を狙ってもいいかもしれませんね。 

海外移住後、仕事はどうするのか 

海外移住後、問題になるのが「仕事」です。 

仕事がなければビザを取得することができず、そもそもお金を稼ぐことができないので生活も難しくなってしまいます。 

では、仕事を見つけるためにはどうすればいいのか? 

結論、「スキル」を身につける必要があります。 

海外で働くために必要なスキルは以下の通りです。 

  • 語学スキル 
  • 資格 
  • 経験、実績 

それぞれ詳しく解説していきます。 

海外で働くために必要なスキル1:語学 

海外で働くためには、必ず語学スキルが必須になります。 

語学ができなければ、顧客や同僚、上司と意思疎通ができないからです。 

具体的には、相手の話を理解するための「リスニング力」、自分の意見を言うための「スピーキング能力」、文章を読んで理解するための「リーディング力」が必要になってきます。 

たまに「日本語だけできればいい」という人もいますが、海外で働く上でそれはかなり厳しいです。 

どの国においても、仕事はその国の言語が基本になっているからです。 

もし語学に自信がない人は、今のうちから少しずつ学習して語学能力を高めておきましょう。 

海外で働くために必要なスキル2:資格 

海外で働くためには、資格があった方が良いでしょう。 

あなたにそのスキルがあることが客観的に証明されることによって、採用される確率が高くなるからです。 

海外では客観的な評価が重要視されることが多く、その一つの指標として資格があるのです。 

具体的には、米国公認会計士や経営学修士(MBA)などがあります。 取得には時間がかかるでしょうが、その恩恵は海外で働く際に大きいものになります。 

時間があるようなら検討してみてもいいかもしれません。 

海外で働くために必要なスキル3:経験、実績 

海外で働くために最も必要なスキルが、実績と経験です。 

実績と経験を証明することで、自分にはそれだけのスキルを保有していると証明することができるからです。 

例えば、Webライティングを例にとって考えてみましょう。 

「Webライティング案件で納品した記事が元となって、クライアントの売り上げを今までの1.5倍に増やすことができました。」 

このような実績を客観的に証明することができたら、「あなたには自社の売上を伸ばしてくれるライティングスキルを保有している」と採用側は考えますよね。 

結果、海外で働くこともできるようになるのです。 

海外で仕事を見つけるならITがおすすめ 

上記で海外に住むために必要な「スキル」について解説しました。 

個人的におすすめなのが、ITスキルです。 

というのも、「エンジニア」などのIT職種などは世界的にも人手不足なので、IT関連のスキルを身につけると比較的仕事を見つけやすくなるからです。 

また、コロナによる世界的な仕事のリモート化も相まって、ITエンジニアの需要はかなり増えています。つまり、売り手市場なのです。 

もしあなたが語学もできるエンジニアなら、海外でも仕事に困ることは少ないでしょう。 

すでにスキルがある方であれば、この転職サイトがおすすめです。 

海外への移住ステップを解説 

海外への移住には「仕事が必要」、仕事を獲得するには「スキル」が必要ということを解説しました。 

ここからは、どうやって海外へ移住していくのか解説していきます。 

それが以下の通りです。 

  • 情報収集 
  • スキル習得 
  • 実際に旅行に行く 
  • 拠点を海外へ 

それぞれ詳しく解説していきます。 

海外に住むステップ1:情報収集  

まずは海外に住むための「情報収集」をしましょう。 

具体的には、 

  • 海外に住んでいる人のブログやSNSを調べる 
  • 疑問に思っていることを質問してみる 
  • 実際に会えるのなら実際に会ってみる 

などです。 

実際に会ったり、コンタクトをとったりすることで、海外生活に関するリアルを知ることができます。 

海外に住むステップ2:スキル習得 

ある程度、海外生活に関する情報が集まったら次は海外に住むためにスキルを習得しましょう。 

海外で長期間暮らしていくには、仕事が必要不可欠です。 

そして海外で仕事を見つけるために一番効果的なのが、仕事のスキルを身につけること。 

具体的には、「エンジニア」などのIT職種などは世界的にも人手不足なので、IT関連のスキルを身につけると比較的仕事を見つけやすくなります。 

IT職種は具体的に以下のような仕事があります。  

  • Web制作 
  • Webライター 
  • Webデザイン 
  • プログラミング  

どれも世界的に需要のある職種ですので、万が一海外生活を引退しても潰しのきくスキルと言えるでしょう。 

海外に住むステップ3:実際に旅行に行く 

ここまで来たら、実際に旅行に行って海外生活気分を味わいましょう。 

ここではまだ拠点を海外に移さず、日本に拠点を置いたままにしましょう。 

というのもいきなり海外に出てしまうと、イメージしていた生活と現実の海外生活のギャップが大きく異なっていた場合、早急に帰国するという事態になりかねないからです。 

そのような事態を防止するためにも、実際に海外に足を運んで日常生活を送ってみてください。 

そうすることで、「実際に海外に生活をしてみるとこんな感じなのかな〜」とイメージを掴むことができます。 

海外に住むステップ4:拠点を海外へ  

実際に海外で生活するイメージがついたら、いよいよ拠点を海外へ移しましょう。 

旅行と異なり、現地に到着すあるや否や、すぐに色々な手続きが必要になってくるでしょう。 

  • 住民登録 
  • ビザの申請 
  • 就職活動 
  • 家探し 

などです。 

最初は大変なことも多いかと思いますが、手続き等が終わり安定してくると、海外生活の楽しみを実感できるようになってくるでしょう。 

最後に 

ここまで海外移住におすすめの国について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 

海外に移住することはとても大きな決断です。 

もしあなたが将来的に海外移住をするのなら、ぜひ上記の記事を参考にして頑張ってみてください。 

管理人
管理人

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f264903c6bb86180f3d1d2e8d5d39673-1024x341.jpg