韓国就職で日本人が知っておくべき現実

K-POPや韓国ドラマ、コスメやファッションなどの情報がたくさん日本に入ってくる時代になりました。

そんな中で、韓国に住んで働いてみたい!という方もいるのではないでしょうか。

そこでこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

「いつか韓国に住んで働いてみたいんだけど、韓国で就職は厳しいって聞いた。。」

日本人である私が韓国で仕事を見つけるためにはどうすればいいの?

この記事を読めば、以下のことについてわかります。

  • 韓国で就職する方法を解説
  • 日本人が韓国で仕事を見つけるために必要な条件
  • 韓国での仕事の見つけ方

このブログの管理人マイコ(@PRESS.MAIKO)と申します。

自由と恋人を求めて韓国移住を決意。

韓国在住3年、海外フリーランスの経験を経て韓国で現地採用枠で就職した経験を元にこの記事を公開しています💡

先に結論を言っておくと、日本人である私たちが韓国で仕事を見つける方法は大きく分けて以下の通りです。

  • 日本企業の駐在員
  • 現地企業での採用
  • ワーキングホリデー

仕事を見つけて韓国に住んでみたい!という方は是非最後まで読んでいってください。

韓国就職に興味ある方はこちらの記事で詳しく解説>>韓国で働くには?

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

韓国就職の実態


韓国で就職する具体的方法について解説する前に、韓国の就職事情について理解しましょう。

韓国の就職事情は、はっきり言って日本よりも良くありません。

というのも、韓国では大卒でも簡単には就職できないほどの就職難だからです。

実際に韓国の20代後半の失業率は9.4%となっています。

(一方で日本は2%ちょっと)

このような状況で、外国人である日本人を積極的に採用しようとする企業は多くないということは容易に想像がつきますよね。

とはいえ実際に韓国に住んで、韓国で仕事を得ている日本人がいるのも事実。

次に韓国で就職する具体的方法について解説していきます。

日本人が韓国就職する方法

冒頭でも軽く紹介しましたが、日本人である我々が韓国で就職して働く方法は以下の通りです。

  • 日本企業の駐在員
  • 現地企業での採用
  • ワーキングホリデー

それぞれ詳しく解説していきます。

仕事を見つける方法や条件は下記の記事で詳しく解説しています。

>>韓国で働きたい人必読!仕事を見つける方法や条件を徹底解剖【2021年最新版】

韓国就職する方法1:日本企業の駐在員として働く

韓国で働く方法の一つ目が、日本企業の駐在員として韓国で働くということです。

多くの日本企業が韓国に進出するに伴い、多くの駐在員も韓国に派遣されます。

もしあなたが韓国で安定的に収入を得ながら仕事をしたいなら、この日本企業の駐在員として韓国に行くのが一番おすすめです。

ポイントとしては、韓国に販売子会社や生産工場がある日本企業を狙うということです。

具体的には、ト○タ自動車や伊○忠商事など。

ただ、確実に駐在員として韓国で働けるかはわかりません。

その時の人手などにもよるからです。

とはいえ「韓国で働きたい!」という熱意を見せ続けていれば、上司もきっと任せてくれると思うので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

韓国就職する方法2:現地で採用されて働く

韓国で働く方法の二つ目が、現地企業で採用されて働くということです。

この現地企業で採用されて働く方法には二つのパターンがあります。

それが以下の通りです。

  • 企業の韓国法人に採用されて働く
  • 韓国企業に採用されて働く

日本企業の韓国法人では、社内で日本語を使う機会もあるので、「日本人」ということを活かせます。

韓国の企業で働くことによって、韓国の文化について深く知ることができる良い機会にもなるでしょう。

韓国で就職してから、ある意味「本当の韓国」を知ったかというか、リアルな韓国に馴染むようになったのは言うまでもありません。韓国に染まりたい!と切に思っている方には現地採用オススメです!

とにもかくも、まずは転職は不安がつきもの!

無料で相談できる転職サービスを利用してまずはどういった企業が求人を探しているのかチェックすることからはじめてみてください。→相談は業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

韓国就職する方法3:ワーキングホリデー

韓国で働く方法の三つ目が、ワーキングホリデーを利用して働くということです。

ワーキングホリデーは1年という期間が限定されていますが、気軽に働くことができるという点が魅力です。

もしうまくいけば、ワーキングホリデーの就職先にそのまま正規で就職することもできるかもしれません。

詳しくは韓国ワーホリで知っておくべき仕事とその探し方で解説しています。

韓国就職するための必要条件

ここまで、韓国で働くための方法について解説してきました。

では次に韓国で仕事をするための必要な条件について解説していきます。

それが以下の通りです。

  • 韓国語
  • 有効なビザ
  • 学歴

それぞれ解説していきます。

韓国就職の必要条件1:韓国語

韓国で働くために必要な条件の一つ目が、韓国語です。

韓国に住んで仕事をする以上、韓国語でのコミュニケーションは必須。

韓国語ができなければ、仕事にも支障をきたす恐れがあるため企業としては採用したくないでしょう。

理想としては、ビジネスレベルの韓国語を身につけておきましょう。

私が運営しているオンラインコミュニティ「ランサーワールド」では個人で稼ぐ力を身に付けられる他、韓国語などの言語講座も開講中!メンバーになると講座は受け放題デス♪

👉ランサーワールド

韓国語を使う仕事を知るには下記の記事をご覧ください。

>>韓国語を使う仕事おすすめ10選【必要な語学レベル解説付き】

韓国就職の必要条件2:有効なビザ

韓国で働くために必要な条件の二つ目が、有効なビザです。

ビザがなければ、そもそも長期間滞在できないのです。

ビザの種類は「就労ビザ」「起業ビザ」「ワーキングホリデービザ」など、さまざまな種類のビザがあるので、どのビザの種類が自分のライフスタイルと合っているか考えて申請しましょう。

ビザについてはこちらの、海外で働きたい!就労ビザの必要性とその取得方法韓国に住むにはどうすればいいの?ビザなどの基本解説から移住ステップまでの記事に詳しく解説しています。

韓国就職の必要条件3:学歴

韓国で働くために必要な条件の三つ目が、学歴です。

韓国は世界の中でも有数の学歴至上国家です。

大学を卒業していなければ、なかなか良い仕事に巡り会うことは難しいかもしれません。

実際、韓国の大学卒業者でさえ新卒の就職率は60%とかなり低いのです。(日本は98%)

日本で大学を卒業していない方からしたら、韓国就職はさらに厳しいかもしれません。

そして、学歴が必要な就労ビザも多いため大学を卒業していないとビザの取得すら危うくなります。

しかし韓国の「学歴至上主義」のような就職事情を知っておくことで、あらかじめ戦略を考えることができます。

例えば、自分で事業を作って韓国で起業するなどです。

多くの選択肢を考えておきましょう。

韓国の大学に留学したい人は下記の記事をご覧ください。

>>韓国の大学に留学したい人必見!必要な語学力、入学条件、手順、費用などを解説!

実際に韓国で働ける仕事を見つける方法

ここまで、韓国で就職する方法、韓国で仕事をするために必要な条件について解説してきました。

では次に、実際に韓国で働ける仕事を見つける方法について解説していきます。

韓国で働ける仕事を見つける方法は以下の通りです。

  • 人脈のコネで見つける
  • サイトを通じて見つける

それぞれ解説して行きます。

仕事を見つける方法1:コネで見つける

韓国で働ける仕事を見つける方法の一つ目が、人脈を頼りにコネで仕事を見つけることです。

韓国人は情に熱い民族と言われています。

そのため、韓国では友人などの知り合いに仕事を紹介する文化が存在しているのです。

友人が失業してしまうのは、情の熱い韓国人からすると見ていられないということでしょう。

「そんなのずるい!」と思われる方もいるかもしれません。

しかし逆に考えてみると、あなたに韓国人の友人がいれば、その友人を通じて韓国での仕事を見つけることができるかもしれません。

なので韓国で働ける仕事を見つけるためには、多くの人脈を作っておくのが良いでしょう。

仕事を見つける方法2:サイトを通じて見つける

韓国で働ける仕事を見つける方法の二つ目が、転職サイトを通じて見つけることです。

転職サイトを通じて仕事を探すことで、自分の条件とピッタリあった仕事を探すことができます。

もし人脈を頼りに仕事を紹介してもらったら、

「正直条件としては微妙。。でもせっかく紹介してもらった転職先だから断るのも悪いし。。。」

といった感じで、自分の希望する条件とは合わないけど妥協してしまうことにもなりかねません。

そのようにいうと

「だからって転職サイトを使っても、いい条件の仕事はあまりないし。。。」

といった声もあるかと思います。

そこでお勧めしたいのが、Samaurai Jobsという転職サービス。

Samurai Jobs は外資系・ハイクラスに特化した転職サービスを提供しており、韓国にも拠点を持っています。

もし「韓国で条件のいい会社に転職したい!」と思っている方は一度登録してみてはいかがでしょうか?

おすすめのサイトはこちら、韓国に関わる仕事が見つかる職業7選とオススメ転職・求人サイトの記事で紹介しています。

まとめ

この記事では日本人であるあなたがどうやって韓国で仕事をするのか解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここで、上記で解説したことをまとめておきます。

繰り返しになりますが、韓国で働く方法は以下の通りです。

  • 日本企業の駐在員
  • 現地企業での採用
  • ワーキングホリデー

韓国で仕事をするために必要な条件は以下の通りです。

  • 韓国語
  • 有効なビザ
  • 学歴

韓国で就職する方法を理解して、韓国で働くための必要条件を満たしているなら、実際に仕事を探して行きましょう。

その方法が以下の通りです。

  • 人脈のコネで見つける
  • サイトを通じて見つける

海外に住むということは大変なことです。

語学を学んだり、ビザを準備したり、就活をしたりなど、多くの準備が必要になってくるからです。

実際、海外に働く前に諦めてしまうという方も多くいるのが現実です。

しかし実際に海外で仕事をすることができれば、新しい人間関係や新しい環境などに囲まれ、刺激的な毎日を過ごすことができるでしょう。

そのためにも諦めずに毎日コツコツと努力を積み重ねることが大切です。

管理人
MAIKO
管理人 MAIKO

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 661170925b9cf6e032735093532ba0da-1-1024x534.jpg