海外移住に語学は不要?日本語のみでいける仕事を紹介!【それでも語学は必要】

海外移住に語学は不要?日本語のみでいける仕事を紹介!【それでも語学は必要】

海外に移住する日本人が多くなったこともあり、海外移住に関するさまざまな情報が溢れています。

海外に住んでいる日本人などを見ると、「私もいつかは海外移住してみたいな」と思われる方もいるのではないでしょうか?

そこで次のような悩みはありませんか?

確かに海外に移住してみたいんだけど、仕事が見つかるか不安。私は現地の言葉はおろか、英語もできないんだけど・・・日本語だけでできる仕事が海外にもあればいいな

この記事では上記のような悩みをお持ちの方に向けて、日本語のみでいける仕事海外移住の心得などを解説していきます。

先に少しネタバレをしておくと、日本語しかできなくても海外移住は可能です。

日本語のみでできる仕事が存在するからですね。

詳しくは下記で解説していますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f264903c6bb86180f3d1d2e8d5d39673-1024x341.jpg

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05094f7560c0a63f9c0545e6d5a0d6e9-1024x341.png

\「海外フリーランス」チャンネル運営中💡チャンネル登録よろしくネ/

海外移住における前提条件=語学

冒頭で、日本語しかできなくても海外移住は可能だと書きました。

確かに日本語のみで海外移住は可能なのですが、語学力がなければやっぱり苦労することになるでしょう。

というのも言葉はコミュニケーションの基礎となるからです。

日本においても、日本語がなければコミュニケーションは取れませんよね。

海外においても同様です。

コミュニケーションを取れない人材を雇うほど海外移住は甘くありません.

仮に雇ってくれたとしても仕事に支障が出れば、自分も心苦しいですよね。

将来的に海外移住をしたいと考えている人は、今すぐにでも語学の勉強に時間を割くのをオススメします。

>>海外で働くメリットとデメリットを押さえておこう

>>海外で働きたい!就労ビザの必要性とその取得方法

日本語ができれば海外移住先で仕事を見つけられる

前項で語学力がなければ海外移住は厳しいと述べました。

矛盾しているかもしれませんが、海外移住先によっては日本語のみできれば良いという仕事も確かに存在します。

主に二つの種類です。

  • 簡単な単純作業の仕事
  • 日本語そのものを活かせることができる仕事

それぞれ詳しく解説していきます。

日本語のみでいける仕事1:簡単な作業

簡単な作業のような仕事であれば、日本語のみでも大丈夫です。

簡単な作業に多くのコミュニケーションは必要ないからです。

具体的には以下のような仕事が挙げられます。

  • 飲食業
  • 倉庫業

それぞれもう少し詳しくみていきます。

飲食業

飲食と言っても幅広いですが、仕事として選択する場合は日本食のお店にしましょう。

上司や店長が日本人のことが多く、日本語で業務の説明を行なってもらえるからです。

「でもお客さんって現地の人じゃないの?日本語だけじゃやっていけないよ!」

このように思っている方もいるかもしれませんね。

確かに、接客は最初こそお客さんの要望を聞き取るのが大変かもしれません。

しかし慣れてしまえば「使う言葉」「使われる言葉」などは基本的に決まっているため、言語面で苦労することはないでしょう。

倉庫業

倉庫業に関しても、日本語のみで仕事をすることが可能です。

倉庫業の業務は、以下の通り。

  • 梱包
  • ピッキング
  • 検品

想像してもらえば分かる通り、倉庫業もあまり人とコミュニケーションをとることがありません。

基本的に一人で黙々と作業をする仕事です。

「海外に移住したのに黙々と作業する仕事なんて刺激がなくてつまらなそう」

このように思う方もいるかもしれません。

仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切って考えるのも、一つの海外移住を成功させるための手段ではないでしょうか。

日本語のみでいける仕事2:日本語を活かせる仕事

上記で解説した仕事は、基本的に人と話すことがないため、日本語しかできなくても問題ないという仕事でした。

次にここで紹介する仕事は、「日本語をネイティブとして話す日本人」ということを活かした仕事になります。

具体的な仕事は以下の通り。

  • 日系企業事務職
  • 日系の保育士
  • 日系コールセンター

もう少し詳しく解説していきます。

日系企業事務職

日系企業の事務職も日本語のみでいける仕事です。

日系企業の事務職は、日本本社や日系の取引先など、基本的に日本語通じる相手としかやりとりをしないからです。

同僚や上司に関しても日本人である可能性が高いため、語学面の心配は少ないと言えるでしょう。

また事務職は女性も働きやすく、海外移住をしたい女性の方にはうってつけの仕事です。

経験があれば採用もされやすくなるので、海外移住をする前に日本で事務職を経験しておくとよいでしょう。

日系の保育士

日本人が多く集まる日系の保育園などにおいては、日本語のみで仕事ができるでしょう。

海外で子育てをする日本人の親の中には、子供に日本的な教育をさせたいという思いを持っている方が一定数います。

そのような方の希望に応えるため、海外においても日本人保育士の需要は結構あるのです。

もちろん日本語がメインでコミュニケーションを行います。

もしあなたが保育士の資格を保有しており、実際に保育士として働いた経験があるなら、一度チャレンジしてもいいかもしれませんね。

日系のコールセンター

日本企業のコールセンター業務も日本語のみで仕事をすることができます。

電話先のお客さんは基本的に日本人であることが多いからです。

コールセンター業務で取り扱う内容は企業によって異なっているため、自分の経験と照らし合わせて適切な会社で仕事ができるように調整しましょう。

海外にコールセンターを設ける理由は、企業は人件費などの諸費用を抑えることができるからです。

海外移住をしたい人からしてみると、日本語のみで仕事をすることができるので、お互いにメリットがあると言えるでしょう。

コールセンターでの経験があれば採用されやすくなるので、日本にいるうちに経験しておいてはいかがでしょうか?

>>海外転職サイトおすすめ5選【2021年最新版】

>>海外転職で未経験からの採用は?転職活動の全流れを公開!

海外移住すれば語学は上手くなる?

私は冒頭で海外移住をする上で前提条件となるのは「語学力」だと述べました。

一方で、上記のように日本語のみでいける仕事がこれだけあるので、次のように感じた人もいるでしょう。

日本語だけでできる仕事がこれだけあるなら、日常生活で使う言葉だけ覚えれば大丈夫。日常生活レベルの外国語なら、現地住んでいたら自然と身につくでしょう!

確かに現地に住むことで語学力は一定のレベルまでは身につくでしょう。

そうすれば生活にも困らないかもしれません。

しかし、より高度な語学力がなければ、キャリアを進めていくことも不可能なのです。

つまり、倉庫業の会社に就職したら一生現場で梱包をしたり、コールセンターの会社に就職したら一生電話対応をしなければいけなかったりなどです。

管理側に回るには、つまりキャリアアップをしていくためには、やはり語学力が必須。

高い語学力を身につければ、現場を管理するためのコミュニケーション力を得られるからです。

海外移住先で少しでも良い暮らしを追求していきたのであれば、今のうちから少しずつ語学を学習していきましょう。

>>韓国で働きたい人必読!仕事を見つける方法や条件を徹底解剖【2021年最新版】

また、語学だけでなく経験実績があると海外でも自分にあった仕事を選びやすくなります。

IT業界は特に需要がありますので、日本でIT/Webエンジニアとしてのキャリアを積むのもおすすめですよ。

>>IT/Webエンジニアの転職なら【転職ドラフト】

最後に

ここまで、日本語のみの仕事で海外移住できるかについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

海外移住をするなら語学力は多かれ少なかれ必ず必要になってきます。

語学学習は毎日の積み重ねが重要なので、ぜひ今のうちから勉強をし始めてみてください。

この記事が海外移住の参考になれば幸いです。

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪

編集

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 661170925b9cf6e032735093532ba0da-1-1024x534.jpg