【大きな費用は3つ】海外移住をするのに費用はいくら必要?

近年、海外移住に興味を持つ方が多くなってきました。 

この記事を見ているあなたも海外移住に興味がある方でしょう。 

そこで次のような疑問はありませんか? 

「いつか海外移住をしてみたい思うものの、お金の問題はやっぱり付きまとうから不安」 

「でも節約ばかりして海外での生活を楽しめないのも勿体無い」 

「自分の収入に合わせて海外移住を検討したいから、移住に必要な費用を教えてほしい」 

海外移住の魅力ばかりが発信されがちですが、それには必ずお金の問題が絡んできます。 

この問題を無視して海外移住をすると後々痛い目を見ることにもなりかねません。 

この記事では上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、それぞれ目的に合わせて海外移住に必要な費用を紹介します。 

この記事を読むことで、自分の収入に応じた海外移住をすることができます。 

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。 

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

https://www.youtube.com/watch?v=TvGx-Pg48q4

前提:移住国によってかかる費用は異なる 

まず大前提として、移住国によって必要になる費用は異なってきます。 

物価の高い国であればそれだけ費用がかかり、物価の安い国であればそれだけ安く移住できます。 

例えば、アメリカと東南アジアを比べてみるとイメージしやすいでしょう。 

当然アメリカの方が移住費用が高く、東南アジアの国々の方が移住費用が少なくて済むのは想像しやすいでしょう。 

海外移住前に考えるポイント 

海外移住をする前に考えてほしいポイントがあります。 

それが以下の通り。 

  • 治安 
  • 気候 
  • 医療体制 
  • 物価 

あなたはこれらのどれを重視しますか? 

これによって費用も大きく変わってきます。 

それぞれ詳しく解説していきます。 

ポイント1:治安 

海外移住をする方は「治安」について真っ先に考える必要があります。 

安全がなければ、海外での生活を楽しむことができないからです。 

具体的なポイントとしては 

  • 銃規制の有無 
  • 国の成長率 
  • 移民受け入れ具合 

などを参考にすると良いでしょう。 

ちなみに、治安が良い場所においては費用が高くなる傾向にあります。

ポイント2:気候 

まだ移住国を決めていない方は、気候についても考えてみる必要があります。 

気候は生活スタイルに直結し、その生活によって費用も変わることがあるからです。 

例えば、寒い北国へ行く場合、暖房などにより光熱費が高くなることが予想できます。 

また、持っていく服も多くなるため、その分の費用(航空券の荷物スペースや部屋のスペースを考慮すると)が増えます。 

ポイント3:医療体制 

海外移住を長期的にするとなると、考慮すべきなのは「医療制度」。 

国によっては、任意加入の保険に入っていなければ全額自己負担になる国だってあります。 

その結果、数万から数十万の高額な医療費を支払うことになるかもしれません。 

一方で、ドイツなどの医療制度が整っている国の場合、医療費にそこまで多額のお金をかける必要がありません。 

その分海外移住費用が少なくて済むともいえます。 

ポイント4:物価 

当然ですが、海外移住をする上で「物価」は大事な指標になってきます。 

食品やサービスなどだけでなく、家賃や光熱費などの固定費についてもどれくらいかかるか調べておきましょう。 

例えば、一昔前であれば「安い」とされていた中国の物価ですが、年々上昇して都市部においては「家賃1ヶ月10万円が平均」というところもあります。 

生活する上で自身の家計に直結する部分ですので、しっかりと事前に調査しておきましょう。 

海外移住に必要な費用 

海外移住に必要な費用は主に以下の通りです。 

  • 生活費 
  • 渡航費 
  • ビザ取得費用 

それぞれ詳しく解説していきます。 

費用1:生活費 

まず絶対的に必要になるのが「生活費」です。 

生活費の中には以下が含まれると考えてください。 

  • 食費 
  • 家賃 
  • 光熱費 
  • 娯楽費 

などです。 

物価の安い国に移住するとなれば、上記の金額は安くなるでしょう。 

例えば、東南アジアであれば、高層マンションだとしても月7万程度で住めるところもあります。 

食費に関しては、どの国でもレストランでの外食は高いということを覚えておいた方がいいでしょう。 

例えば、マレーシアやフィリピンなどにおいてもイタリアンレストランで食事をするとなると一人1000円以上することがあります。 

費用2:渡航費 

海外移住する際、その国に渡航するための費用がかかります。 

これは人だけでなく、物に関してもいえます。 

つまり、渡航費には 

  • 航空券 
  • 空港での追加手荷物費用 
  • 引っ越し費用 

などが含まれています。 

現在は格安航空会社が増えていますが、就航地は東南アジアなどの近距離がメインですので、北米やヨーロッパなどの航空券は高くなる傾向にあります。 

逆に東南アジアであれば片道5万以内で航空券を購入することも可能です。 

費用3:ビザ取得費用 

国によってビザを取得すための条件が異なります。 

この条件はかなり多岐に渡るので、移住したい国の大使館などに問い合わせることをお勧めします。 

例えば、フィリピンのように預金残高500万円程度あることが条件とされているところもあります。 

多くの国で必要になってくる条件が以下の通り。 

  • 預金 
  • 仕事 
  • 犯罪歴の有無 

など。 

上記の条件に関しても、細かくみていくと国ごとに異なります。 

例えば、「預金」に関しても、日本の銀行にあればいいのか、現地の銀行でなければいけないのかで変わってきます。 

確実なのは、やはり自分で大使館などに直接問い合わせをしてみることです。 

日本人におすすめの海外移住国を紹介 

ここからは、具体的にどの国が移住におすすめなのか解説していきます。 

結論から言うと、以下の通りです。 

  • カナダ 
  • オランダ 
  • ドイツ 
  • ジョージア 

もちろん他にもおすすめできる国はたくさんあります。 

しかし「ビザの取りやすさ」や「社会インフラの充実度」などの総合的な観点で判断すると上記の通りとなります。 

上記の国々は、永住権こそ取得しづらいものの、就労ビザに関しては比較的簡単に取得することができる国たちです。 

そのため、仕事さえ見つけることができればこれらの国で生活することは可能でしょう。 

また永住権に関しても、取得しづらいとは言ったものの、居住年数や配偶者の有無などの条件が揃えば取得できる可能性があります。 

海外に10年以上住んでみたいという人は、永住権を狙ってもいいかもしれませんね。 

海外移住に向けてスキルを身につけよう

ここまで海外移住の費用について解説してきました。

自分が行きたい国の費用などを考えると「結構費用ってかかるんだな」と思われる方も多いと思います。

そこでオススメしたいのが「スキルを身につける」ということです。

スキルさえあれば海外においても仕事を獲得しやすくなり、結果的に海外移住を容易にするからです。

例えば、プログラミングなどを副業から始めてもいいですし、Webライターなどであればすぐにでも始めることができます。

何か一つでも世界で通用するようなスキルがあると海外移住をする際の費用を軽減することができますよ。

ちなみに「プログラミング」や「デザイン」などを独学しようとしても挫折する確率が高いでしょう。

プログラミング独学の挫折率は90%とも言われているからです。

そのような方にはプログラミングスクールの受講をオススメしています。

「Skill Hacks」というプログラミングスクールでは業界最安値でコースを受講することができます。

気になる方は上記リンクよりご覧ください。

副業については下記の記事でも解説しています。

最後に 

ここまで海外移住に必要な費用について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 

最後に簡単に上記についてまとめておきます。 

まず移住前に考えてほしいポイントが以下の通りです。 

  • 治安 
  • 気候 
  • 医療体制 
  • 物価 

中でも生命の維持に関わる「治安」に関しては特によく考えましょう。 

海外移住にかかる具体的費用に関しては以下の通りです。 

  • 生活費 
  • 渡航費 
  • ビザ取得費用 

ビザの取得に関しては国によって条件が全く異なりますので、実際に大使館などに問い合わせをすることをお勧めします。 

海外移住をするためには、費用だけでなく気力も必要になってきます。 

大変ですが、諦めずにぜひ夢の海外生活を実現してみてください。 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。 

管理人
管理人

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f264903c6bb86180f3d1d2e8d5d39673-1024x341.jpg