韓国からの仕入れには代行を活用しよう!おすすめの代行6選

韓国から仕入れをしてせどりをしたい思っているけどどうやって仕入れようか、と悩んでいませんか?

韓国語能力に不安があったり、手続きに不安がある場合には代行業者に依頼する方法がおすすめです。

代行業者に依頼するといっても、どの業者に依頼すればいいか迷いますよね。

この記事では代行についてからおすすめの代行業までを徹底的に解説します。

最後まで記事を読んで、代行業者を活用して仕入れをはじめてみましょう。

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

韓国仕入れで代行を活用するには?

韓国仕入れというと実際に現地に行って仕入れたり、日本からでも購入できるオンライン仕入れサイトを使って仕入れたりするしか方法がないと考えていませんか。

実は、仕入れ方法には「韓国のサイトから仕入れる」という方法もあります。

ただ、韓国のサイトで販売している品物が素敵だなと思っても、韓国口座が必要だったり電話番号やクレジットカードが必要だったりと購入を諦めたことがある人も多いはず。

しかし代行を活用すれば、韓国のオンラインサイトで販売されている品物も簡単に仕入れることができます。

また、海外に直送してくれないという悩みも代行を依頼すれば解決します。

では、代行はどうやって利用するのか。手続きは簡単。

代行業者に依頼するだけで、簡単に仕入れることができます。

韓国サイトから仕入れたいけど仕入れられないと悩んでいる人は、さっそく代行業者を活用してみましょう。

韓国仕入れ・せどりの基礎についてはこちらで詳しく解説しています↓

>>韓国せどり(転売)の基礎知識

>>せどりと転売の違い!完全比較 ▷安全にせどりで儲けるための注意点

韓国仕入れをする際に代行業者がしてくれることは?

ただ、代行といってもそもそも何をしてくれるのか、いまいちわからないという人はいませんか。

ここでは代行業者が何をしてくれるのかを解説します。

代行業者が行ってくれることは下記のとおりです。

  • 現地やオンラインサイトでの購入手続き
  • 検品、梱包をしてから配送
  • 関税手続き

購入からこちらの手元に届くまでの作業を行ってくれるのが代行業者です。

現地やオンラインサイトでの購入手続き

代行業者は韓国市場での仕入れや、韓国のオンラインサイトで販売している品物の購入手続きを行ってくれます。

現地に行って仕入れることができなかったり、韓国語に不安があったりして韓国から仕入れができない場合には購入代行を依頼しましょう。

検品、梱包をしてから配送

代行業者の多くは、購入した品物の検品を行って丁寧に包装した上で配送してくれます。

そのため届いた品物をそのまま販売して発送することが可能です。

関税手続き

仕入れをする時に一番面倒くさい手続きが関税手続きですよね。

よくわからないけど、しっかり手続きしないと問題になってしまう関税。

この手続きも代行業者が行ってくれることが多いです。

>>韓国仕入れを始める前に知っておきたい!せどりで関税はいくらかかる?

韓国からの仕入れにおすすめの代行業者【6選】

ここでは韓国から仕入れる際におすすめの代行業者を紹介します。

おすすめの代行業者は下記のとおりです。

  • kaitomo.jp(カイトモ)
  • chincha(チンチャ)
  • GLORY(グローリー)
  • GEEK PENGUIN(ギークペンギン)
  • U.T.S INTERNATIONAL CO.,LTD.(アップ トゥ サプライ インターナショナル 株式会社)
  • malltail(モールテール)

ひとつずつ紹介していきます。

kaitomo.jp(カイトモ)

kaitomoは個人輸入の代行を専門としている業者のため、少量からの仕入れが可能です。

ALANDなどの日本人に有名なお店の商品も代行購入してくれるため、人気の商品を手に入れたい人にもおすすめです。

また、チケット代行なども行っています。

ただし、支払いは振り込みのみとなっており、クレジットカード支払い等は現時点ではできません。

kaitomo.jpへはこちらから👉http://kaitomo.jp/

chincha(チンチャ)

chinchaは韓国ファッションに特化した仕入れサイトですが、購入代行では様々な品物の仕入れに対応してくれます。

chinchaのポイントは、代行依頼が非常に簡単な手続きで完了することです。

LINEの友だち追加をして依頼をするだけ。手軽に利用できる代行業者としておすすめです。

chinchaへはこちらから👉https://chincha.store/

GLORY(グローリー)

GLORYは個人仕入れの実績が多くあり、評価も高い代行業者です。

多くの韓国サイトからの代行仕入れに対応しています。

見積もりが無料のため、初めて代行業者を活用するという人にもおすすめ。

また、事務所が日本と韓国の両方におかれており、サポートが手厚く対応がスピーディーなところもポイントです。

GLORYへはこちらから👉https://gljapan.com/

GEEK PENGUIN(ギークペンギン)

GEEK PENGUINは、ただ仕入れ代行をしてくれる業者ではありません。

韓国仕入れのサポートが2種類用意されており、仕入れを代行してくれる「韓国仕入れ輸入代行コース」のほかに、韓国市場での買い付け方法を教えてくれる「韓国仕入れ勉強&実践コース」も用意されています。

今後は自分ひとりで仕入れられるようになりたいという人におすすめな代行業者です。

GEEK PENGUINへはこちらから👉https://gpen.jp/companys-profile/

U.T.S INTERNATIONAL CO.,LTD.(アップ トゥ サプライ インターナショナル 株式会社)

U.T.S INTERNATIONAL CO.,LTD.は現地のエージェントとのネットワークを生かして、現地アテンドからアパレル市場調査などの幅広いサポートをしてくれることが特徴の代行業者です。

少量からの依頼も可能で、個人での仕入れでも問題なく利用することができます。

また、オリジナル商品開発も行っており、自分で商品開発をして販売したいという人にもおすすめです。

U.T.S INTERNATIONAL CO.,LTD.へはこちらから👉https://www.uptosupply.jp/

malltail(モールテール)

malltailは韓国以外の外国、アメリカやヨーロッパからも仕入れることができるため、韓国以外の仕入れも考えている人におすすめです。

また、日本の商品を海外へ配送するサービスもあります。

そのため、海外で日本の品物を販売したいという人にもおすすめできる代行業者です。

malltailへはこちらから👉https://jp.malltail.com/

韓国仕入れの際に注意しよう!代行業者活用のメリット・デメリット

韓国仕入れで代行業者を活用する時に注意しておきたいことをお伝えします。

代行業者活用のメリット

メリットは下記のとおりです。

  • 韓国語ができなくても仕入れられる
  • 口座やクレジットカード、電話番号がなくても仕入れられる

現地での仕入れや韓国サイトでの仕入れでは韓国語が必須。

でも、代行業者を活用すれば、韓国語ができなくても問題ありません。

また、韓国のサイトから購入したい場合には、韓国の口座やクレジットカード、電話番号が必要なことがほとんどです。

しかし、代行業者に依頼すれば、それらを所持していなくても韓国のサイトから仕入れることができます。

代行業者活用のデメリット

デメリットは下記のとおりです。

  • 仕入れる商品は自分で決める
  • 代行手数料がかかる
  • 為替レートの手数料は業者が決定

どんな商品を仕入れるかは自分で決める必要があります。

利益の高い商品でなければ、仕入れ値+代行代で収支がマイナスになってしまうことも…

せどり初心者の方はツールを使って、仕入れる商品を決めるのがおすすめです。

ストロイド】はYahoo!ショッピングに出品されている商品を分析するツール。

日本3大モールの一つであるYahoo!ショッピングで売れているもの・売れていないものを把握することで、日本市場全体の状況を把握することができます。

「必ずせどりで利益を得たい」という方は【ストロイド】を使いながら仕入れる商品を決めていきましょう。

また、代行業者を利用すると自分で仕入れを行えばかからない手数料がかかってしまうのがデメリットの一つです。

為替レートの手数料は代行業者が決めるため、高くついてしまう可能性も考慮しなけらばなりません。

メリットとデメリットのバランスを考えて、賢く代行業者を利用するようにしましょう。

まとめ

韓国から仕入れる際の代行業者の活用について解説しました。

最後に改めてポイントをまとめます。

代行業者は下記の手続きを行ってくれる業者です。

  • 現地やオンラインサイトでの購入手続き
  • 検品、梱包をしてから配送
  • 関税手続き

韓国から仕入れる際におすすめの代行業者は下記のとおりです。

  • kaitomo.jp(カイトモ)
  • chincha(チンチャ)
  • GLORY(グローリー)
  • GEEK PENGUIN(ギークペンギン)
  • U.T.S INTERNATIONAL CO.,LTD.(アップ トゥ サプライ インターナショナル 株式会社)
  • malltail(モールテール)

そして代行業者を活用する際は下記のメリットデメリットをおさえておきましょう。

メリット

  • 韓国語ができなくても仕入れられる
  • 口座やクレジットカード、電話番号がなくても仕入れられる

デメリット

  • 仕入れる商品は自分で決める
  • 代行手数料がかかる
  • 為替レートの手数料は業者が決定

代行業者を活用して、韓国から品物を仕入れて販売してみましょう。

↓韓国仕入れ・せどりについて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすです!

>>【韓国仕入れ】アクセサリーのせどりを始めよう!おすすめ商材も紹介します

>>BUYMA(バイマ)は韓国仕入れが狙い目!確実に稼げる仕入れ方法

>>韓国から仕入れてメルカリで販売しよう!仕入れから販売まで徹底解説

管理人
管理人

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪