せどりと転売の違い!完全比較 ▷安全にせどりで儲けるための注意点

副業でせどりを始めたいけど、転売は悪質なイメージが強くて心配です。せどりと転売は何が違うんですか?安全にせどりで儲けるにはどうしたらいいんですか?

こんなお悩みを解決します。

本記事の結論

  • せどりと転売の違いは、仕入れ価格と販売価格にあり
  • 安全にせどりを始めたいなら、無許可営業・申告漏れ・違法商品の販売に注意
  • 初心者がせどりで稼ぎたいなら卸サイトを使うべき

本記事の執筆者

マイコ
マイコ

せどり歴は2012年より実践している筆者のマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

最初は不用品処理からはじめた転売スキルをもっと好きなことに活かしたい!と、韓国仕入れ・電脳せどりとちょっとずつ幅を広げて、「物販」分野で月収100万円生活を手に入れました💡

せどりや転売は未経験からはじめられるし、どこに住んでいても始められる“最高のお仕事”です🛍💕

韓国せどりで月収100万円以上を稼いでいた筆者が、初心者でも安全にせどりで稼ぐ方法を分かりやすくお話していきますね

せどりと転売の違いは?

元々はせどりと転売の意味に違いはなく、両者とも『元々存在している商品を安く仕入れ、高く売る』ビジネスです。

実は、せどりや転売は私たちの生活に古くから根付いているんですよ。

たとえば本屋さんを思い出してみてください。出版社から安く仕入れ、利益をのせて売っていますよね。

他にも花屋、ドラッグストア、酒屋などもせどり・転売にあたります。

でも、『転売』と言うと後ろめたい気持ちになるのは何でなんでしょう? 

一部の悪徳な買い占めや高値売りを『転売屋』『転売ヤー』と言うように、現代ではせどりと転売の意味が少しずつ変わってきているようです。

ここから先は現代のせどりと転売の違いについてお話していきますね。

せどりとは?

現代のせどりとは『元々ある商品を安く仕入れ、手数料としての利益をのせ販売すること』の意味として使われています。

オンライン上で仕入れから販売まで完結するため、今はネットビジネスの一種になりました。

個人の参入障壁がグッと下がり、副業で始める方も増えましたよね。

元々は各地を回って安く仕入れた商品を同業他社に売って手数料を稼ぐことを『せどり』と呼び、『競取り(価格を競り売りする)』という漢字が使われていたそうです。

せどり(競取り、糶取り)とは、「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)」を指す。古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に転売すること。」を指す言葉[1]。『せどりの營業は、店舗から店舖を訪問して相互の有無を通じて口錢を得るのを目的とする。すなわち甲書店の依頼品を同業者間をたづね歩き値の安きを求め其の間に立つて若干の利得をする(同書より)』

引用:Wikipediaせどり

転売とは?

現代の転売とは『元々ある希少性のある商品を定価で仕入れ、高値で販売すること』の意味として使われています。

主に数量が限定されるなどの入手困難な商品を転売目的で購入(個人ないしアルバイト等で雇われた複数人)し、インターネットオークション等のインターネットを介し高値で販売し[注 1]、輸送便で発送することを生業・趣味とした一般個人を指す。

引用:Wikipwdia 転売屋

以下のように定価よりも高値が付きやすい商品が『転売』の対象となりやすいです。

  • 人気アイドルやイベントのチケット
  • 数量限定品や記念品
  • 希少性のある新商品
  • 災害時に品薄となる商品

せどりと転売の違いは?

せどりと転売の違いについてまとめると、次のようになります。 

  • せどり:元々ある商品を安く仕入れ、手数料としての利益をのせ販売すること
  • 転売:元々ある希少性のある商品を定価で仕入れ、高値で販売すること

『元々ある商品を仕入れて他者に売る』ことは共通していますが、仕入れ価格や販売価格に違いがあります

転売が悪質と言われる理由3つ

転売が悪質と言われる理由は3つあります。

  • 理由①:消費者が適正価格で購入できなくなる
  • 理由②:消費者が商品を探す手間が発生する
  • 理由③:災害時に必要なモノが品薄になり混乱を招く

理由①:消費者が適正価格で購入できなくなる

1つ目の理由は、転売目的の買い占め行為によって価格が高騰し、消費者が適正価格で購入できなくなることです。

たとえば、コロナの影響による巣ごもり需要で任天堂スイッチが手に入らなくなったのは記憶に新しいですよね。

元々品薄状態だった同商品を転売屋が買い占めたことにより、メーカー希望価格の倍である6万円まで価格が高騰しました。

入荷を待ちきれずに通常価格よりもはるかに高い金額で購入した方もいるでしょう。

理由②:消費者が商品を探す手間が発生する

2つ目の理由は、ユーザーが商品を探す手間が発生することです。

品薄になり価格が高騰すると『どこかで安く買えないかな?』と探しますよね。

遠くの店舗まで探しまわったり、通販サイトを検索したり。

普通に購入できるはずの商品を探しまわるのは時間の無駄、その原因を作った転売屋は迷惑で悪質だと感じるでしょう。

理由③:災害時に必要なモノが品薄になり混乱を招く

3つ目の理由は、災害時に必要なモノが品薄になり混乱を招くことです。

2020年のコロナ禍で感染予防マスクやアルコール消毒液が品薄になりましたよね。

社会問題になったことで政令が改正され、マスクやアルコール消毒液の転売が禁止に。

人の不安に漬け込んで多額の利益を稼いだ転売屋のせいで、世間のイメージはさらに悪化することになりました。

安全にせどりを始めるために注意することは?

次に、初心者がせどりを安全に始めるために注意することを3つお話していきますね。

  • 注意点①:無許可営業
  • 注意点②:申告漏れ
  • 注意点③:違法な商品の販売

注意点①無許可営業

まず、古物商許可なしに中古品を販売する無許可営業に注意しましょう。

中古品を営業目的で仕入れ、販売するには古物商許可が必要です。

許可なしに販売すると無許可営業となり、最悪の場合は3年以下の懲役または100万円以下の罰金を課せられる可能性があります。

注意点②申告漏れ

2つ目の注意点は、税務署への申告漏れです。

副業の収入・所得の合計が年間20万円以上になる場合、確定申告が必要です。

近年、これを知らずに脱税をする方が多く、せどらーを対象に税務署による取り締まりが強化されています。

申告漏れの場合は納税額に応じてペナルティが課せられ、税額50万円以下なら15%、50万円以上なら20%をかけた金額が罰金となります。

注意点③違法な商品の販売

3つ目の注意点は、違法な商品の販売です。

たとえば、以下の商品をせどり(転売)することは違法行為となり、法律で罰せられます。

・ライブチケット
・偽物の商品
・海賊版の商品

これからせどりを始める人は違法品に当たらないか十分に確認してくださいね。

せどりの仕入れが簡単にできる卸サイト3つ

個人でも安全&簡単に仕入れられるおすすめの卸サイトを紹介します。

せどりで月収100万円以上稼いでいた筆者がおすすめする卸サイトは、次の2つです。

  • NETSEA(ネッシー)
  • グッズステーション

おすすめ卸サイト:NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)は国内最大規模の卸サイトです。

取り扱い商品が幅広く、使い勝手が良いのが特徴。

会員登録・年会費無料・開業前登録可なので、仕入れの相場を掴むためにも最初に登録しておきましょう。

\卸サイト業界No.1知名度/

問屋・卸会社(サプライヤー)のほとんどの商品が見積りなしで簡単に比較できる!

おすすめ卸サイト:グッズステーション

グッズステーションは輸入雑貨の卸サイトです。

仕入れ価格が安く、リサーチ次第で高利益が狙える商品を見つけられます。

カタログ作成代行・商品ページ作成代行・検品代行があり、初心者でもノウハウを学ぶことができるのがメリットです。

\Amazonベストセラー商品多数/

期間限定!会員登録すると¥3000クーポン贈呈中

まとめ:安全にせどりで稼ぎたければ、卸サイトを使おう

この記事では『せどりと転売はどう違うの?安全にせどりで稼ぐにはどうしたらいいの?』という疑問にお答えしました。

最後に本記事の内容をまとめます。

  • せどりと転売の違いは、仕入れ価格と販売価格にあり
  • 安全にせどりを始めたいなら、無許可営業・申告漏れ・違法商品の販売に注意
  • 初心者がせどりで稼ぎたいなら卸サイトを使うべき

筆者がおすすめの卸サイトは以下の3つです。

せどりなら世界中どこにいても稼ぐことができるので、海外フリーランス・海外留学に興味のある人にもおすすめです。実際に私も韓国にいながら、せどりで月収100万円以上を稼いでいました。

具体的にせどりで稼ぐ方法は副業せどりで月3万円簡単に稼ぐ方法【初心者向け】で紹介しています。せどりで利益が出やすい商品も合わせて読んでみてくださいね。

ちなみに、私が韓国で貯金残高1000円から月収100万円まで這い上がった方法は韓国生活しながら月収100万円生活にまとめています。

韓国で暮らしたい方、韓国仕入れに興味がある方は東大門市場の完全攻略買付けガイドマップネットショップの商材を韓国から仕入れる方法7選【開業したい人必見】を参考にしてください!