クラウドワークスの手数料は高い?他サイト比較と手数料対策について徹底解説

大手クラウドソーシングサイトのひとつである「クラウドワークス

利用を検討している人も多いのではないでしょうか。

利用する際に気になることのひとつが手数料ですよね。

そこで、今回はクラウドワークスの手数料について、手数料の種類から節約対策までを徹底的に解説します。

この記事では下記のようなお悩みや疑問を解決します。

他と比較してクラウドワークスの手数料はどう?

クラウドワークスをお得に利用することはできないの?

この記事はクラウドワークスで仕事を受注したいと考えている人向けとなっています。

記事を最後まで読んで、クラウドワークスの手数料対策を行いましょう。

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

クラウドワークスの手数料の種類

クラウドワークスの手数料には下記の3つがあります。

  • ワーカー利用手数料
  • 振込手数料
  • クイック出金手数料

それぞれ詳しく解説していきます。

ワーカー利用手数料

ワーカー利用手数料とは、クラウドワークスを利用して仕事を受注し、報酬を受けとる際に発生する手数料です。

クラウドワークスの登録自体は無料ですが、報酬を受けとることで手数料が発生する仕組みになっています。

手数料の金額は受け取った報酬額によって異なり、規定は次のとおりです。

  • 20万円超の部分 5%
  • 10万円超20万円以下の部分 10%
  • 10万円以下の部分 20%
  • タスク形式での場合 20%

そのため、報酬として受け取る金額は下記の計算式で計算することができます。

ワーカー受け取り金額(税抜)=(契約金額+消費税)-(システム利用料+消費税)- 契約金額の消費税

振込手数料

報酬を受け取る際の振込手続きにも手数料が発生します。

振込手数料は下記のとおりです。

  • 楽天銀行:100円(税込)
  • 他行:500円(税込)

登録した口座情報が間違っていて、振り込みができなかった場合も振込手数料が発生してしまうため、登録口座情報に間違いがないかしっかり確認しておきましょう。

クイック出金手数料

クイック出金手数料とは、報酬が確定した未出金報酬のうち、報酬振込日が確定していない報酬を4営業日以内に出金することができるクイック出金サービスを利用する際に発生する手数料です。

このサービスを利用して出金する場合、振込手数料に加えて金額の5%が手数料として差し引かれます。

クラウドワークスの手数料の特徴

クラウドワークスの手数料にはどのような特徴があるのか紹介します。

クラウドワークスの特徴は下記のとおりです。

  • 20万円以上稼ぐ案件はお得
  • 手数料が一律ではない

クラウドワークスのワーカー手数料は先ほど紹介したとおり、報酬の金額ごとに異なっています。

報酬が多くなればなるほど手数料が安くなるため、20万円以上稼げる案件はお得です。

ただ、手数料が報酬の金額毎に細かく分かれており、少しわかりにくいというユーザーの声があることも否めません。

手数料が一律ではない点は、ユーザーにとって良くない特徴と言えるかもしれませんね。

クラウドワークス以外のサイトの手数料は?

ここでは、クラウドワークス以外のクラウドソーシングサイトの手数料を紹介します。

紹介するのは次の3社です。

  • ランサーズ
  • ココナラ
  • クラウディア

ランサーズ

ランサーズのシステム利用手数料は一律16.5%(税込)です。

プロジェクト方式、コンペ方式、タスク方式、時間報酬、月額報酬、パッケージの全ての方式でこの手数料となっています。

ココナラ

ココナラ の販売手数料は一律22%(税込)です。

他と比べると少し高めの利率設定になっていますね。

ただ、出金時の振込手数料は3,000円以下なら無料となっており、3,000円以上出金するとしても160円しか手数料がかかりません。

↓ココナラの手数料についてはこちらで詳しくご紹介しています!

▶︎ココナラの手数料は本当に高い?その理由と解決法を徹底解説!

クラウディア

クラウディア のシステム利用料は、5万円までは一律15%です。

ただし、料金が上がると手数料も変化します。

手数料は下記のとおりです。

  • 1円~5万の部分 15%
  • 5万1円~10万円の部分 10%
  • 10万1円~100万円の部分 5%
  • 100万1円以上の部分 3%
  • 時間制の場合 一律10%

↓おすすめのクラウドソーシングサイトまとめはこちら!

▶︎クラウドソーシングで稼ぐ!初心者も稼げる方法とおすすめサイト

クラウドワークスの手数料対策!出金方法を工夫しよう

ここでは、手数料対策としてできる出金方法の工夫について紹介します。

クラウドワークスの出金方法には下記のものがあります。

  • 随時出金方式
  • 50,000円以上出金方式
  • キャリーオーバー方式
  • クイック出金

クラウドワークスでは、月に2回(15日と末日)振り込まれる仕組みになっており、登録した出金方法で振り込まれます。

手数料対策には「50,000円以上出金方式」または「キャリーオーバー方式」がおすすめです。

その理由を解説していきます。

随時出金方式

最初は随時出金方式に設定されています。

この方式は、締日時点の未出金報酬額が1,000円以上であれば半月後に振り込まれる仕組みです。

ただし、未出金報酬額が1,000円未満の場合には、次回以降の支払いに繰り越されるようになっています。

1,000円以上であれば出金される仕組みになっているため、少しでも手数料を抑えたい人にはおすすめできません

50,000円以上出金方式

この方式は、締日時点の未出金報酬額が50,000円以上になったら、その半月後に振り込まれる方式です。

ただし、未出金報酬額が50,000円未満の場合には、次回以降の支払いに繰り越されます。

この方式であれば、50,000円以上貯まるまで出金されないため、随時出金方式と比較して手数料を抑えることができます。

キャリーオーバー方式

キャリーオーバー方式は、未出金の報酬額の額に関わらず、自動的に次回以降に出金が繰り越される仕組みです。

キャリーオーバー方式を選択している状態から出金を行う場合は、「随時出金方式」か「50,000円以上出金方式」に変更する必要があります。

キャリーオーバー方式は、金額に関わらず出金が繰り越されるため、手数料対策におすすめ。

ただし、報酬の出金申請期限は報酬支払い確定日から180日後までとなっているため、注意が必要です。

クイック出金

クイック出金では、530円以上で出金が可能です。

クイック出金は先ほど紹介したように、振込手数料に加えて5%の手数料が発生します。

手数料を抑えたい場合には、なるべく利用しないのがおすすめです。

出金設定の確認・変更方法

報酬は、クラウドワークスのホームページ上部にあるメニューバーの「報酬」から確認ができます。

報酬画面では、報酬だけでなく、出金予定日の確認や出金方法の確認・変更も可能です。

出金方法を変更したい場合には、この画面に進みましょう。

▶︎クラウドワークスに無料登録する

クラウドワークスの手数料対策としてできること

出金方法変更の他に手数料対策としてできることがあります。

手数料対策は下記のとおりです。

  • 確定申告
  • 楽天口座の利用

確定申告

手数料対策のひとつは「確定申告」。

確定申告では、手数料を経費として計上することで対策ができます。

確定申告では、仕事関連の出費は経費として認められているため、クラウドワークスの手数料も対象に含まれるのです。

手数料は忘れずに確定申告で経費として計上するようにしましょう。

▶︎【青色申告or白色申告】個人事業主がやるべき確定申告方法を簡単解説!

楽天口座の利用

もうひとつの対策は「楽天口座の利用」です。

振込手数料の項目で解説したとおり、楽天口座とその他の口座への振込手数料は異なっています。

楽天口座への振込手数料が100円なのに対し、その他の口座への振込手数料は500円と少し高額です。

しかし、楽天口座を利用すれば手数料を抑えることができます。

少額だと思うかもしれませんが、塵も積もれば山となるです。

まとめ

クラウドワークスの手数料について解説しました。

最後に内容を改めてまとめておきます。

クラウドワークスの手数料には下記のものがあります。

  • ワーカー利用手数料
  • 振込手数料
  • クイック出金手数料

クラウドワークスの特徴は下記のとおりです。

  • 20万円以上稼ぐ案件はお得
  • 手数料が一律ではない

クラウドワークス以外のサイトの手数料は下記のとおりです。

  • ランサーズ 一律16.5%(税込)
  • ココナラ 一律22%(税込)
  • クラウディア 5万円まで一律15%

クラウドワークスの手数料対策には、出金方法の確認がおすすめです。

出金方法には下記のものがあります。

  • 随時出金方式
  • 50,000円以上出金方式
  • キャリーオーバー方式
  • クイック出金

おすすめは「50,000円以上出金方式」「キャリーオーバー方式」です。

出金方法の他に手数料対策としてできることは「確定申告」「楽天口座の利用」です。

クラウドワークスは対策をすることで、お得に利用できます。

ぜひ、利用を検討してみてくださいね。

管理人
管理人

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/