オタクにおすすめのバッグ!ジャンボうちわもすっぽり入るトートバッグとは?

いざコンサートに参戦することになると、どんなバッグで行こうかと悩みますよね。

ジャンボうちわは持っていきたいけど、どれくらいのサイズのバッグなら入るのか、コンサート会場に行くまではオタクを隠したいからしっかり隠れる大きさがいいという方も多いのではないでしょうか?

今回はオタクの必需品ともいえるジャンボうちわが入るサイズは、どんなバッグなのかをご紹介します。


海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

オタクバッグに最適なサイズとは?

多くの人がコンサートなど推しの現場に参戦するときに、どんなバッグでいけばいいのか一度は悩む方がほとんどではないでしょうか。

どんなバッグでコンサートなどの現場に行くとなると、色々と荷物も多くなってしまいますよね。

どれくらいの大きさのバッグが最適なのか、オタクバッグにちょうどいいサイズをご紹介します。

コンサートなどに参戦するときに必要なアイテムを知ることで、バッグの大きさを決めることができるので、まずここでコンサートに必要なアイテムをご紹介していきますね。

公式ジャンボうちわのサイズ

コンサートで欠かせないのがジャンボうちわですが、グッズとして発売されていたり、推しの名前やファンサのメッセージなど書くために手作りするなどと様々な界隈でも使う方も多いアイテムの一つです。

持参するグッズの中でもバッグに入れるのに悩むアイテムがジャンボうちわではないでしょうか。

どんなバッグの大きさにするかを決めるのに、まずはうちわのサイズを知る必要があります。

公認されている中で最も大きいサイズは、ジャニーズで販売されているジャンボうちわです。

今回はジャニーズのジャンボうちわのサイズが、どれくらいのサイズなのかをご紹介していきます。

  • うちわ本体:縦28.5cm、横29.5cm
  • 持ち手部分:13.5cm

ジャンボうちわと言われているのは、この大きさです。

そのためうちわの持ち手部分まで納めたい場合は、縦42cm×横29..5cmが入るバッグの大きさが最低でも必要になります。

持ち手がバッグから飛び出すような形であれば最低でも縦28.5cm、横29.5cmの大きさのバッグが必要です。

オタクバッグに何をいれる?

コンサートなどのオタ活をするとき、先ほどご紹介したジャンボうちわ以外にどんなものが必要で持っていくのでしょうか。

界隈によってどんなものが必要なのかは様々ですが、今回はどの界隈でも必要になる物、持っていくことが多いものを中心にご紹介します。

そのほかにも持っていく持ち物や必要なものは、各個人で変わってくるので参考程度にしてくださいね。

ペンライト・推しグッズ

やっぱりコンサートといえば、ペンライトは必需品です。

コンサートごとにグッズとして発売されたり、グループ毎に公式のペンライトが用意されていたり、グループによって様々ですが、ある程度の大きさがあります。

また他にも推しのツアータオル、スローガン、アクスタなど推しグッズも必需品です。

ライブ開演までに記念写真を撮るために推しグッズを持っていくことがあります。

双眼鏡

せっかくライブに行くのであれば、推しを少しでも近くで見たいですよね。

推しを少しでも近くで見るために必要なのが双眼鏡ですが、双眼鏡があればさらにライブを楽しむことができるため、多くの方が持っていくアイテムの一つです。

また会場付近で売っているものは、双眼鏡としてのクオリティがあまり良くないので必要だと思っているのであれば事前に購入し持っていくようにしましょう。

モバイルバッテリー

スマホは必需品ですが、スマホの充電が切れてしまうと電子チケットを表示できなかったり、会場までの行き方を調べたりすることができないなど困ってしまいます。

コンサートなどではいつも以上に使用する場面が多いことを想定し、モバイルバッテリーを持っていきましょう。

飲み物

コンサートでは、ほとんどの公演が約2〜3時間です。

食べ物は持ち込み禁止がほとんどですが、飲み物はペットボトルであれば持ち込みできる場合や紙コップに移せば持ち込みできるなどがあります。

会場内は広く冷暖房が効きにくい会場もあり、特に夏はこまめな水分補給が必要になるので、500mlのペットボトルが入るバッグの大きさが必要です。

公式うちわがしっかり入るオタクバッグはこのサイズ

先ほどご紹介した通りコンサートなど現場に公式のジャンボうちわを持っていく場合には、持ち手部分までバッグの中に収納したいのであれば、最低でも縦42cm×横29..5cm以上の大きさがあるバッグが必要です。

その他にもご紹介したアイテムや会場で購入したグッズなど様々な荷物を入れることになるので、容量を考えてマチありやマチなしなどを選ぶようにするといいでしょう。

オタクバッグにピッタリの素材は?

オタクバッグとして使うのに、どんな素材のバッグがいいのでしょうか。

素材や生地の厚さによって見た目の雰囲気も変わったり、素材や水に強い素材や洗濯ができるようになっていたりするなど色々な特徴があります。

今回はよく使われるコットンとビニールのバッグのそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきますので、それぞれの素材の特徴を知って自分に合った素材のバッグを選ぶといいでしょう。

コットン

コットンのメリットは生地に適度な強度があるため、ある程度の荷物を入れても破れたりすることもなくトートバッグなどによく使われている素材です。

また他にも汚れてしまっても簡単に洗うことができるのもコットンのメリットと言えるでしょう。

また薄手のものであれば、折り畳んでコンパクトに持ち運ぶこともできるので便利な素材です。

ただしデメリットとして吸水性が高いためしっかり乾かさないとカビができやすかったり、変色に弱かったりするので注意しましょう。

ビニール

夏にはクリアバッグとしてよく使われるビニール素材ですが、ビニールのメリットは水などを弾いてくれる性質を持っているので、持ち歩いているグッズや荷物を水や汚れから守ってくれます。

もし汚れが付いてしまった場合は、ウェットティッシュなどですぐに拭き取れば汚れは取れるでしょう。

また薄手のタイプであれば折り畳んでコンパクトに持ち運んだりすることができ、さらに耐久性もあります。

デメリットは耐熱性が弱いことなどが挙げられますが、65℃以上の熱を持つことは日常的にはあまりないのでそこまで大きなデメリットはないと考えてもいいでしょう。

オタ活向けバッグの種類についてはこちらの記事でも詳しくご紹介してます↓

>>現場でオタクが使う代表的なカバンを徹底解説【オタ活保存版】

>>【オタク見えしない】オタ活に最適のリュックを選ぶ5つのポイント

>>オタクが現場で使うおすすめショルダーバッグブランド6選

まとめ

公式ジャンボうちわを持ち手部分までバッグの中にしっかりと入れたい場合には、縦45cm程度あればしっかりと収まります。

持ち手部分は出てもよければ、縦30cm以上あると十分持ち歩きできる大きさです。

ツアーバッグを購入して利用するのもいいですが、推しカラーのバッグを使ったり、参戦服のコーディネートに合わせたバッグを持つのもいいのではないでしょうか。

また素材もコットンやビニールなど様々な素材があり、強度や洗いやすさなどそれぞれのメリットやデメリットがあります。

今回ご紹介した内容を参考に、自分に合ったオタクバッグを見つけてみてくださいね。

管理人
MAIKO
管理人 MAIKO

Twitterでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことだけをして生きている私がオーナーを務める「ランサーワールド」🌍✨

海外フリーランス・海外移住に興味はある方はぜひ加入ご検討下さい♪

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 661170925b9cf6e032735093532ba0da-1-1024x534.jpg