【2022年】韓国留学の費用の相場は200万円!節約するためのポイントも含めて解説!

【2021年】韓国留学の費用の相場は200万円!節約するためのポイントも含めて解説!

近年では韓国ドラマの影響もあり、韓国の文化を知る機会が多くなりました。

中には、韓国に留学して実際に文化を体験したいと考えている方もいるかもしれませんね。

そこで次のような疑問はありませんか?

韓国に留学したいけど、費用が心配。大体どれくらいかかるのか教えてほしい!

韓国に留学している時に節約できることとかある?

先に結論を言ってしまうと、一年間の韓国留学の相場は大体150万~200万円程度です。

詳しくは下記で解説していますのでぜひ最後まで読んでいってくださいね。

この記事でわかることは以下の通りです。

  • 韓国留学の費用の内訳
  • 韓国留学中の節約術

海外フリーランスのマイコ(@PRESS.MAIKO)です。

韓国アイドルにハマり韓国移住を決意。韓国在住3年・韓国現地採用を経験後、現在はヨーロッパを拠点に海外在住のフリーランスとして活動中💡2020年会社設立。

30歳過ぎてから夢をかなえ始めた遅咲きタイプの人間です。何事もはじめることに遅いことはないことを身を以て体験したひとり。

「住む場所に依存にしない働き方」をテーマに自由なライフスタイルを提案しています。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f264903c6bb86180f3d1d2e8d5d39673-1024x341.jpg

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 05094f7560c0a63f9c0545e6d5a0d6e9-1024x341.png

韓国留学の費用相場は?

韓国留学の費用は、どれくらいの期間行くかにも大きく異なってきます。

もちろん長期になるほど留学費用は割安になってくるのはお分かりでしょう。

今回は3ヶ月・6ヶ月・1年の留学の費用相場を見ていきます。

3ヶ月30万〜60万
6ヶ月45万〜120万
1年150万〜200万

物価などは日本と大きくは変わりませんが、家賃や交通費などが多少安いことから、費用相場に関しても、若干安い印象です。

当然ですが、生活水準によって上記の金額は変わっていきます。

毎日遊びに出掛けていたら、交際費は高くになりますし、カフェで勉強すればコーヒー代もかかります。

無駄な出費は避けつつ、楽しむところではお金を出すなど、メリハリのある生活を心がけましょう。

留学費用の内訳は以下の通りです。

  • 学費
  • 家賃
  • 食費
  • 通信費
  • 交通費
  • 交際費

それぞれ詳しく解説していきます。

韓国留学の費用1:学費

韓国に留学するのであれば、まずは学費は必ずかかります。

もちろん学費は学校によっても変動しますが、相場は大体以下の通りです。

3ヶ月13万〜25万
6ヶ月25万〜50万
1年50万〜100万

私立の語学学校に通うのであれば、もう少し高くなることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

↓韓国の人気語学堂の学費はこちらにて詳しくご紹介しています。

>>韓国留学におすすめな語学堂7校▷特徴や違いを比較

韓国留学の費用2:家賃

どこの大学や語学堂に行くかによって金額が大きく変わってきます。

もちろん都市部に行けば家賃は高く、郊外は安くなります。

また、大学などが近くにある物件も比較的家賃が高くなります。

そして、韓国の居住スタイルは多岐にわたっています。

一般的なワンルームもあれば、コシウォン(比較的安め)と呼ばれる寝るためだけの部屋のようなものもあります。

学校によっては寮を完備しているところもあり、その場合は比較的家賃を抑えることができるでしょう。

相場は以下の通りです。

1ヶ月2万~10万弱
3ヶ月6万〜30万
6ヶ月12万〜60万
1年24万〜120万

自身の財布と相談し、快適な生活が送れる賃貸を選択しましょう。

韓国留学の費用3:食費

1ヶ月1万5千~3万
3ヶ月5万〜10万
6ヶ月10万〜20万
1年20万〜40万

一般的な相場としては、月に1万5千~3万円程度です。

韓国留学中、節約として自炊を考えている方もいるかもしれません。

しかし韓国では学食も比較的安く、外食においても様々な料理が用意されていることから、あえて自炊をしない人も多いです。

自炊をやるために肉や野菜を買う方が高くつくということも珍しくはありません。

韓国留学の費用4:通信費

1ヶ月2千~1万5千
3ヶ月6千〜2万5千
6ヶ月1万2千〜5万
1年2万4千〜10万

今の時代、インターネットなしで生活していくことは不可能です。

韓国は日本よりもネット環境がよく、あらゆるものがインターネットと紐づいているのです。

そのため、韓国では尚更インターネットなしで生活するのは難しいでしょう。

ポケットWi-Fiを契約する場合、月6,000円〜1万5,000円程度。

SIMカードを購入する場合は、月4,000円〜6,000円程度かかる場合が多いです。

SIMフリーのスマホなどを使用して、節約できる通信費は節約しましょう。

韓国留学の費用5:交通費

1ヶ月6千~8千
3ヶ月1万5千〜2万5千
6ヶ月3万〜5万
1年6万〜10万

一般的な交通費の相場は6,000~8,000円程度です。

韓国の交通費は日本よりも多少安いです。

例えば、ソウルの交通機関の運賃は大体以下の通り。

  • タクシー:初乗り300円程度
  • 地下鉄:135円~
  • バス:約100円~

もちろん為替レートによって変化はしますが、交通費が家計の負担になることは少ないと考えて良いでしょう。

ただ、長期留学の方は長期で見ると交通費の金額が高くなるので注意が必要です。

学校に近ければ交通費がかかりませんが、家賃が高くなってしまう可能性が高いのでバランスを取る必要がありそうですね。

韓国留学の費用6:交際費

1ヶ月1万~2万
3ヶ月3万〜6万
6ヶ月6万〜12万
1年12万〜24万

交際費の相場は当然人によります。

しかしせっかくの留学なので、あまり我慢せずに使う時は使った方が良いでしょう。

大体月に1万~2万円程度使う方が多いようです。

韓国にいる時にしかできないことにお金を使い、思い出が残るようにしましょう。

留学前からお金を管理するクセをつけるのが大切。

自分で家計簿をつけて支出の流れを把握するようにしましょう。

アプリの家計簿【リンククロス家計簿】は初心者さんもラクラク続けることができておすすめです!

韓国語学堂留学と大学正規留学の費用

一概に韓国留学といっても、大学附属の語学学校である語学堂に入学するのか、正規留学として韓国の大学に入学するかによっても費用が異なってきます。

大きく異なる費用は、授業料です。

語学堂留学と大学正規留学の費用をそれぞれ見ていきましょう。

語学堂の費用

語学堂とは、大学が運営している語学学校となります。

多くの語学堂では年に4回の入学時期があり、1学期3ヶ月〜留学することができます。

寮を完備していることが多く、3ヶ月程度の留学であれば費用を抑えるために寮に入る人が多いです。

語学堂の授業料は、1学期:12万〜18万程度となっています。

大学正規留学の費用

正規で大学に留学する場合、いくつかの条件が必要となってきます。

授業料は学科によって異なるのはもちろんのこと、私立・国公立のどちらの大学に進学するかによっても大きく異なってきます。

1年間の授業料は以下の通りです。

国公立大学20万〜60万
私立大学60万〜100万

韓国の大学の授業料は年間で平均70万円ほどと言われています。

日本の大学と比べると、韓国の大学は20%〜40%ほど安い傾向にあります。

正規留学の場合、奨学金も多くあるため条件が整っていればより留学しやすくなるでしょう。

韓国留学中にする節約のコツ

ここまで韓国留学に関する費用に関して解説してきました。

せっかくの韓国留学なので、あまりお金を使わないのも勿体無いかと思います。

しかし、節約しても留学の満足度が変わらないことに関しては、しっかりと節約していく方が賢いと言えるでしょう。

そこで、韓国留学中に節約したい方は以下の二つを意識してみてください。

  • カフェでの勉強をやめる
  • スマホはSIMフリーを使用、またはSIMを入れない

それぞれ詳しく解説していきます。

節約のコツ1:カフェでの勉強をやめる

韓国留学中の節約のコツは「カフェでの勉強をやめる」ことです。

韓国のカフェは高いです。

コーヒーだけでも500円程度するところもあります。

セットで食事も頼んでしまえば、1000円は軽く越すでしょう。

確かに韓国はおしゃれなカフェも町中に溢れており、カフェに入って勉強すれば集中もできると考える人もいるでしょう。

しかし、カフェでなくても集中して勉強することは可能です。

例えば、図書館などにいって勉強するのも一つの手段です。

また、家の中で勉強に集中することができれば尚良いでしょう。

家から出ないことで余計な買い物をすることがなくなるからです。

カフェで勉強しても留学の満足度は大きくは変わりません。

カフェはたまに息抜きで行くくらいにして、メインは図書館か家で勉強をするようにしましょう。

節約のコツ2:スマホについて

スマホの使用についても、節約できるポイントとなってきます。

というも、スマホ代金は気づかないうちに高額になっていることが多いからです。

実際、日本においても端末代と合わせて毎月5000円~1万円程度支払っている人もいますよね。

1年にすると、6万~12万円と非常に高額になっています。

解決策としては、以下の通りです。

  • SIMフリーのスマホを使用して使い切りSIMを購入
  • SIMを使わない

SIMフリーのスマホを使用して使い切りSIMを購入することで、留学中の節約につながります。

容量の定期契約ではなく、容量を使い切ったら終わりなので、自然と抑制が効くようになるからです。

または、全くスマホ代をかけずに生活してみるのも一つの手です。

つまり使い切りSIMも購入せずに街中のフリーWIFIで生活してみるということです。

そうすれば、スマホ代については全く費用がかからず、かなりの節約が可能になるでしょう。

韓国はインターネットが非常に整備されている国ですので、全く不可能というわけではないと思います。

また、韓国留学中のアルバイトは一定の期間が過ぎないと許可されません。

少しでもお金を稼ぎながら留学費用の足しにしたい!という方はパソコン1つから始められる「副業」もおすすめです。

↓留学生におすすめな副業についてはこちらの記事をチェック。

>>留学しながらでも稼げる仕事【副業リモートワークで月10万円稼ぐ】

>>副業でライターをしよう!私が稼げるようになった道のりを公開

>>韓国せどり(転売)の基礎知識

>>韓国アパレル商品仕入れでオンラインショップを作る方法【全ての工程公開】

まとめ

ここまで、韓国留学の費用と節約のコツについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後に簡単に上記内容をまとめておきます。

個人の生活水準にもよりますが、一年間の韓国留学の相場は大体150万~200万円程度になります。

内訳は大きく分けて以下の通りになります。

  • 学費:40~85万円
  • 家賃:月2万5千~10万円
  • 食費:月1万5千~3万円
  • 通信費:月6000~1万6千円
  • 交通費:6000~8000円
  • 交際費:月1万~2万円

節約しても留学の満足度が下がらない部分に関しては、積極的に節約をしていきましょう。

具体的には以下の通りです。

  • カフェでの勉強をやめる
  • スマホはSIMフリーを使用、またはSIMを入れない

海外留学は人生でも大きなイベントです。

満足度を下げないように、賢く節約して充実した韓国留学生活を過ごしてください。

この記事がその参考になれば幸いです。

今回の記事はいかがだったでしょうか?!

ツイッターでも日々情報を発信中💡

海外を飛び回りながら好きなことをして自由きままに生きる私のコミュニティー「ランサーワールド」もよろしくお願いします🌍✨

※メンバー募集は不定期募集なので予めご了承下さい🙏※

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/