韓国で働きたい日本人が就活失敗してしまう共通点

著者のnakamura_maiko(@PRESS.MAIKO)と申します。

自由と恋人を求めて韓国移住を決意。

韓国在住3年、海外フリーランスの経験を経て韓国で現地採用枠で就職しました。韓国就職後、同じ日本人採用に関わった経験より本記事を書き進めます。

(結果韓国に移住して仕事も恋人も見つかりさらに新たな目標fが出来ました!)

「韓国で働きたいけど…挑戦するのが怖い。」

「私でも韓国企業に転職できるのだろうか。」

「現実は韓国で働くことって難しするぎるのかな?」


←こういった疑問を解決する内容となっています。

現地企業の面接官の経験をした私が、韓国就職に失敗した人の例、成功した人を実例を交えて紹介致します。

韓国就職を目指している人はこの記事を読んで参考にしてください。

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

韓国で働きたい日本人が採用されない時の理由

韓国で働きたい人は絶対に主張すべき

すばり主張が出来ない人は韓国では働き先が見つかりづらいです。今での人生平凡だったけど、韓国をきっかけに何を変えたい。というぼんやりとした考えでは就活がうまくいく進むことはないでしょう。

現地の人より「私」という存在を採用することのメリットを就活の際に主張していかなればなりません。

自分自身のプレゼンが下手な人は不利になってしまいます。

人前に立てない人は韓国で働くには不向き

人前に立てない人も韓国では就職することは難しいでしょう。

韓国だけでなくアメリカ企業もまた『自分の主張』を重んじるので、そのような企業で働きたい人は、まずこのプレゼンテーションのスキルを向上すべきです。

緊張する人・会社のことを考える人も韓国で働きには不向き

緊張のあまり自分の主張ができなかったり、会社をおだてすぎて自分の主張が出来ない人も完全に向いていません。

自分の主張をすることは訓練することで改善出来る

このスキル改善は誰にでも出来ることです。自分の主張をどのように伝えたらいいか訓練してから面接に挑んでください。

韓国での就活失敗する人は日本での就活失敗している人

日本で通用しない人は韓国の会社でも通用しない

当然ですが、日本で通用しない人は海外に出ても通用しません。たまに海外に出て成功しました!と言っている成功者もいますが、大体そのような人は日本にいても成功していたと考えられます。

日本で重宝されてる人は韓国でも働き先が見つかりやすい

日本で就活失敗しなかった人は韓国就職でも失敗しない可能性があるということです。万国共通で必要とされる人材は大体一致しています。

韓国で働きたい時に大事なのは「基礎」

大事なのは基礎が出来ているかどうかということ。「挨拶」「受け答え」「主張」「時間厳守」「経験」「スキル」など求められることは同じです。韓国だからといって特別なことはあまりありません。

韓国で働きたい人が就活失敗したいためには

韓国で働きたい夢を叶えるには「当然のこと」をする

当然なことをしましょう!これに尽きます。

日本企業と韓国企業で200人以上の面接に関わってきましたが、失敗する人は大体共通しているので面接開始数秒でわかります。

俯いていたり、目が泳いでいたり、日常生活におきかえたとしても『非常識な人』は韓国就職失敗します。

韓国就職するには「自分の主張」だけするのもNG

就職について全くリサーチしてこない人も想像以上に多いです。このタイプはただただ「自分の主張」だけをしてきます。それもまたNGです。会社のリサーチをした上でこの会社にとって自分がどれだけ貢献できるのか考えた上で「自分の主張」をするようにしましょう。

韓国転職で失敗しない人特徴まとめ

最低ライン『当然なことをする』『自分の主張をする』をしていれば、韓国就職だって叶えることができます。

韓国で働きたい日本人は情報を集めることから

韓国就職で失敗しない人がどんな人材なのかわかった上で次にすることは実際にどのように仕事を探すかですよね。

何通りか方法がありますが上から順にオススメ方法となっています!

  • グーロバルな案件を扱う転職サイト
  • 韓国の転職サイト
  • 掲示板コネスト
  • 世界の転職に欠かせせないLinkdin

グローバルな案件を扱う転職サイト

韓国語がわからなくても、簡単に韓国での仕事を探すことができる

👉ハイクラスのグローバル転職先が見つかるSamurai jobs

韓国の転職サイト

👉ワークネット

👉ジョブコリア

👉サラミン

求人掲示板

👉コネスト求人

世界の転職に欠かせせないLinkedin

👉Linkedin

韓国で働きたい日本人がやっておくべきこと

自分が韓国就職に失敗する人に当てはまらなかった場合、すぐに行動しましょう!それに尽きます。

韓国留学に行く

もしこれを読んでいる人が学生で将来は絶対韓国で就職すると決めている人は現地の大学に進学した方が断然韓国就職には有利になります。

日本よりも学費も安く、学科によっては韓国語以外にも英語で学べるので日本の大学に進学するよりグローバル人材へと育成してもらえるチャンスがあります。

しかしデメリットもあって、韓国大学に進学してしまうと日本で新卒就活する上では日本の大学卒より不利になってしまうこともあります。そのため、韓国の大学に進学する場合は将来設計を充分に立ててから行動することがオススメです。

韓国にワーホリに行く

ワーホリ中、現地で人脈を作っておくことは後にとても有利に働きます。バイト先にそのまま就職決まった!て話しも韓国にいるときはよく聞きました。

日本で何もない日々を過ごしているより、現地にいた方がはるかに情報量も多いです。

韓国について情報を集める&情報を発信

  • ブログ
  • ツイッター
  • インスタグラム

私は過去、ツイッターで情報を発信しているのをきっかけに声をかけてもらった韓国関連の仕事が数知れずあります。

情報発信はとても韓国就職において有利に働くと断言できます。

韓国で就職先が見つからない場合フリーランスの道を模索しよう

私は韓国では就職しましたが、現在はヨーロッパ在住でフリーランスとして活動しています。好きな時に好きな場所にいけて悠々自適な生活を送っています。

日本でも韓国でもヨーロッパでもフリーランスとして働きましたが特に不自由することなく、また収入も安定して稼いでいます。

韓国転職に自身がないけど、韓国に住みたい人は特にこの方法がオススメです♪

半年もがんばれば必ず結果が見えてきます!

フリーランスになるための近道

スキルを学ぶ

☟動画編集やプログラミングが学べる学校☟

SkillHacks(スキルハックス)

すでにあるスキルを活かして稼ぐ

☟なんでもスキルを出品することができる☟

スキルのフリマ【ココナラ】

フリーランスの仕事を探す

☟クラウドソーシングに登録して仕事を見つけよう☟

日本最大級クラウドソーシング クラウディア

一緒に読まれている過去記事

\副業・フリーランスで仕事を獲得するために登録すべきオススメサイト/

韓国で働きたい日本人が就活失敗してしまう共通点【まとめ】

korea

韓国就職が実現出来ない人・失敗する人の共通点は「行動できない人」「非常識な人」です。もしこれに当てはまらないのなら、あなたにも十分チャンスはあります。

人間には全員同じ量のチャンスが転がっています。それを掴むか掴まないかは人それぞれがチョイスします。ひとつのチャンスを逃すたびにどんどんチャンスを掴むチャンスが減ります。そのことを頭に入れて、どんな人が成功するのか自分で考えて自分で行動することが一番大切です。


私も今新しいことに挑戦中です。挑戦する最初はいつも見えない未来に恐怖と不安を感じます。

挑戦した結果、失敗することも多々あるけど悔やむことはほぼありません。挑戦してみると案外「ああこんなことだったのか」と思うことの方が多いから、私はいつも挑戦するべきだよ。と自分にも他人にも言い続けます。

合わせて読まれている記事

\韓国移住・海外フリーランスを目指す仲間が集うコニュニティ型サロン/

\広告代理店経営中 | インフルエンサー案件やWEB広告運用のご相談はコチラ/

Twitterでも情報を発信中!

韓国仕入れ・サポートのご相談も受付中です✨

(リモートで完結できる案件のみ)