韓国せどり(転売)の基礎知識

韓国は儲かる仕入れスポットでありながら初心者は立ち入るのが難しい業界ではあります。
このブログではせどり初心者でも韓国買付け初心者でもわかるように基礎知識を解説していきます。コツを掴めば、韓国仕入れで旅行とセットで楽しみながら利益も出せるようになります。

1. せどりってそもそも何?
2. 韓国仕入れをする韓国バイヤーとはどんな仕事?
3. どこに仕入れに行けばいいの? 
4. なんで 韓国ソウル[東大門]まで行く必要あるの?

上記のような疑問をお持ちの方も多いはず。

PRESS
MAIKO
PRESS MAIKO

実はせどりビジネスが流行る前から韓国買付けビジネスで生計を立てていたこのブログの著者(PRESS.MAIKO)と申します。 多かった質問に沿って基礎知識をまとめました。

1.  せどりってそもそも何?

1-1 せどりの意味

最近よく耳にするようになった【せどり】について説明します。

ウィキペディアにも書いてある通りで簡単に言うと元々存在するものを仕入れて、売り値をつけて小売することです。 転売屋のイメージが強くて良く思っていない人も多いと思われますが、実はこのビジネススタイルは古くから日本の文化に馴染んでいるビジネス法です。

1-2 せどりビジネスの例

  • お花屋さん
  • 魚屋さん
  • 映画館
  • バー経営

【元々ある物】を仕入れて売値をつけて商売しているビジネスは思いつくだけでも無数にあります。

お魚屋さんは、朝早く市場に行って新鮮な魚を仕入れて、自分が仕入れた価格より高い値段で売りますよね?

消費者はそれを承知の上で購入します。

1-3 せどりビジネスのメリット

誰にでも始められるということ。最近ではオンラインショップのサイトも無料で開設できます。それすら作らなくてもInstagramやメルカリを使ってせどりビジネスをはじめることも可能です。このようなせどりビジネスも急増しています。仕入れルートさえ確保してしまえば簡単にビジネスをスタートされることができます。

1-4 せどりビジネスのルール

魚屋さんにも魚卸売市場に行ったらルールがあるように洋服市場にも存在します。

近年、買付けルールも知らずに市場へ行く日本人が急増しているため日本人と取引したくない!と言っている韓国業者もいます。

他の日本人バイヤーに迷惑がかからないようにモラルをしっかり守り正当な取引を心がけて下さい。

2. 韓国仕入れをする韓国バイヤーとはどんな仕事?

2-1 韓国で仕入れが出来る主な買付け商品

  • 洋服
  • アクセサリー
  • ファッション雑貨
  • コスメ

2-2 韓国バイヤーの仕事

2-1で紹介したような韓国で仕入れが出来る買付け商品を自分の目利きで仕入れを行う仕事です。市場に詳しくなることも重要ですが、売れると思ったものを仕入れをする[目利き]力が問われる職業です。

3. どこに仕入れに行けばいいの?

3-1 洋服の卸問屋市場は日本には存在しない

いざ!洋服のせどりビジネスをはじめようと考えたはいいけど実際どこで仕入れするのかわからないですよね。

魚屋なら築地市場に行けばいいけど、洋服ってどこで仕入れするの?

実は日本国内には洋服の既製品のを扱った問屋市場が存在しません。

近年ネットで仕入れられるようになってきましたが、それは大概韓国の市場か中国の市場にあるものを取り扱っていることがほとんどです。

MEMO
世界的にみても洋服の既製品の卸問屋は珍しいです。

3-2 旅費をかけて行く必要がある?

有名な洋服の仕入れ市場と言えば中国の[広州]と韓国ソウルの[東大門]があります。

実際に私は韓国に住んで生業としてた韓国ソウル[東大門]にはメリットがたくさんあります。

せどり初心者でも渡航費をかけてでも買付けに行くべきです。

4. 韓国ソウル[東大門]卸売問屋市場のメリット

  • 価格の割にクオリティがいい
  • 小ロットで買付け可能
  • 日本から近い
  • 種類がいっぱい

4-1 価格の割にクオリティがいい

初心者は韓国東大門には安いものがたくさんある!と思っている方も多いのでは?もちろん安いものもありますが、価格が安いものを仕入れたいなら絶対中国仕入れには勝てません。

でも韓国仕入れの最大のメリットは【安いものが手に入る】ではありません。中国仕入れは値段が安けど粗悪品も多い。これが真実です。

韓国東大門でもそのような商品も一部ありますが、基本的にmade in KOREAはクオリティが高いものが多いです。

問屋ビルにもよって特性が違いますが、世界の百貨店に卸している問屋も韓国東大門にはたくさん存在するのが特徴です。

4-2 小ロットで買付け可能

中国買付けは最小買付けロットが平均100枚と言われています。もしオリジナルを制作するとなった場合でも最小ロット100枚が妥当です。初心者のうちにたくさん在庫をかかえてしまうのは不安ですよね。

韓国仕入れを活用すれば、最小ロットが限りなく抑えることが出来ます。

初心者の買付け量は5〜10枚が目安。

会社並みの利益を目指す場合は1SKUで30枚を目指して買付けして下さい。

各30枚買付けをコンスタントに行えることが出来れば追加生産もお願いすることが可能になります。

4-3 在庫を持たない運営について

私が主に得意としている[在庫を持たないオーダー式仕入れ法]もあるのですが、これは割と管理が大変で知識がない人の参入はおすすめしません。

在庫リスクが軽減できてメリットはたくさんあるのですが、あらゆる専門知識が必要になります。

4-4 日本から近い

最大のメリットはこれでしょう!

東京からでも往復20,000円あれば行けちゃいますよね!

買付けついでに美味しいもの食べて韓国美容も楽しめることが最大の魅力

買付けに詳しくなると共に韓国自体に詳しくなる為、韓国情報系でのライター をすることも可能だし一石三鳥くらいメリットありです!

MEMO
実際私は買付けの専門家になると同時に韓国情報系のライターとしてのオファーも増えました

4-5 種類がいっぱい

せどりビジネス者目線だとこれが一番大事なメリット。

せどり業者にとってもオンラインショップを運営する中で一番苦戦する【ブランディング】の側面。

日本から買付け可能な卸サイトを使って仕入れをしていても競合他社と差別化がなかなか難しいです。

そこで韓国東大門の仕入れを取り入れることでたちまちオリジナル感が出ます。

韓国ソウル[東大門]なら10以上の問屋ビルにフロアが5階まであるビルもあり単純計算でも50,000店舗から商品を選ぶことが可能です。

50,000店舗がそれぞれ1000商品扱っていたとしたら1000万点から自分の好きな商品を選ぶことが可能になります。

競合他社と差別化したいなら韓国仕入れを使うほか手はないでしょう!!

5 日本と韓国の法律・関税について知識をつけよう

韓国買付けの最大の難しいところは関税問題と法律問題。大量に商品を仕入れしない限り関税の知識さえあれば問題ないでしょう。韓国仕入れで韓国バイヤーを目指すならファッションより日本と韓国間でどんな輸入と輸出について法律があるのか把握する必要があります。

6  韓国買付けが難しいと感じる人におすすめは?

ここまで読んで韓国仕入れのメリットはよくわかったと思いますが、難しいと感じた人も多いのでは。。

韓国仕入れにこだわりがないのであれば、

せどり初心者はまずネットで仕入れが出来る卸サイトを活用してビジネスはじめることが得策かもしれません。おすすめの卸問屋サイトをご紹介します。

☝︎初心者には画像も使えてサイト構築しやすく最適です☝︎

まとめ

韓国仕入れで韓国バイヤーになる基礎知識[せどりビジネス者必見!!]を解説しましたがいかがだったでしょうか?

私はこのビジネスで月商1000万円を超えるショップに携わってきたり、個人収入も月収100万円越えることも出来ました。

フリーランス業界で今ではかかせなくなったビジネス[せどり]です。

韓国仕入れは国を超えるためしっかりとした法律の知識、現場でのルールを守ってモラルと秩序を保った上で正当なビジネスを心がけましょう。

問い合わせ
これを読んで本格的に韓国仕入れで韓国バイヤーとしてビジネス始めたい方は問い合わせからでもTwitterからでもお気軽にお問い合わせ下さい。